北斗の拳×御酒飲ラリー「お前はもう酔っている…」

俺は食いたい時に食い、飲みたい時に飲む!!
(byジュウザ)

と、いうわけで忘年会シーズンがやってきました!!(どういうわけだ)

今回はそんな忘年会シーズンにぴったりな企画、

「北斗の拳×御酒飲ラリー」についてご紹介します!!

 

みなさま、前回のブログは御覧いただいたでしょうか?

前回は、安養寺ら~めんのコラボだったのですが、実はコラボがもうひとつあるのです!

それがこちら!!

佐久商工会議所 「北斗の拳×御酒飲ラリー 11/1(木)~2/22(金)」
http://www.sakucci.or.jp/list/?p=2917

御朱印ならぬ、御酒飲ラリーが長野県の佐久地域にて、11/1(木)~2/22(金)まで開催されています!

実は佐久地域には、数多くの有名な酒蔵が沢山あるのです。

武論尊さんは日本酒が好きなようです。佐久のお酒はおいしく、もっと広くしってもらい、佐久をアピールしたいということで、このコラボが実現したそうです。

今回のコラボでは、対象の地酒、地ビールを飲むことで、御酒飲シールをもらうことができます。

全部で15種類あり、7枚、15枚集めた段階で、なんとスペシャルグッズをもらうことができるのです!!

7枚たまったら、

北斗の拳名セリフ入り「オリジナル酒枡」

15枚コンプリートすると、

北斗の拳名セリフ入り「オリジナルラベルのお酒」(地酒または地ビール)

がもらうことができるのです!!

 

これは、安養寺ら~めんコラボに続き、是非ともグッズをコンプリートしたい!!

 

というわけで、ルミーズ社員を引きつれて居酒屋へ!!

 

今回、最初に訪れたのは、「こんどう」さん。

居酒屋こんどう 中込店
【食べログ】
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200302/20004564/

こちらのお店では13種類のお酒を頼むことができるのです!

・千曲錦酒造
・戸塚酒造
・古屋酒造店
・武重本家酒造
・大澤酒造
・土屋酒造店
・芙蓉酒造
・伴野酒造
・木内醸造
・橘倉酒造
・佐久の花酒造
・黒澤酒造
・軽井沢ブルワリー

 

店員さん、北斗の拳コラボのお酒、全部ください!!

こんな頼み方したの、人生ではじめて・・・

そして出てきたのが…

!!!!!

す、すごい。

日本酒が大量に!!

これは…全部飲み切るの大変ですね(;´・ω・)

 

とりあえず。

「かんぱ~い!!」

 

「フルーティーな感じで飲みやすいねー」

「これけっこう、辛口だ。」

「うまい!!」

「しゅわしゅわする。」(しゅわしゅわ?)

そんな感じで、お酒を堪能しました!

 

今回、コラボ対象のお酒のボトルをお店の方に無理言って、撮らせていただきました!!

こんどうさん、ありがとうございますm(__)m

 

それ以外にも、一般には出回らない、非売品ボトルも撮らせていただきました。

 

こちらのお酒、なかなか手に入れづらいお酒らしいです。

千曲錦酒造の「帰山 参番 純米吟醸

ホームページにこんな説明が。

見るからにそそられる紹介文ですね…飲んでみたい。

http://www.chikumanishiki.com/lineup/kz-jmg.html

日本酒度-16、酸度3.0と今までに体験した事のない甘みと酸味を持ち、旨みの中に口当りの良いバランスを持ったお酒です。
10人に1~2人でも「これでなければ!」と言われるような個性が帰山のコンセプトです。この参番が、帰山のコンセプトから最初に生まれた、白ワインを超越する日本酒です。
文字通り、最後に帰ってくるお酒になれたら嬉しく思います。

 

佐久の花酒造の「裏佐久乃花 辛口吟醸無ろ過直汲

なぜ、裏佐久乃花というと、よくよくみると、ボトルのラベルの「」の文字が鏡のように逆になっていますよね。

これを、ボトルの裏側からみると、「花」に見えるのです。

なぜ裏なのかというと・・・

公式ホームページになかったので、個人の方のブログに詳しい記事が!
気になる方はこちら見てみてください。

酔い人「空太郎」の日本酒探検
https://blogs.yahoo.co.jp/qoopontan2/32455976.html

ちなみに、今回のコラボ対象だったので裏佐久乃花、飲ませて頂きました!

それぞれのお酒の紹介を後半にまとめておりますので、そちらをご覧ください。
こちら

 

さてさて・・・みんな酔ってきていい感じになったところ・・・

えッ!???!?

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

武論尊先生、ありがとうございます!!

 

さてさて、残すところ、あと2酒造のお酒のみです!!
(動画ではちょっとフライングしちゃってますが(笑))

 

2件目に行きましょう!!

揚処 なから
【Delicious×Komachi】
https://www.deli-koma.com/dk/shop/?clid=1021693

【Facebook】
https://www.facebook.com/nakara.saku

【instagram】
https://www.instagram.com/nakara_sakushi/

「揚処 なから」さんにおじゃましました。

中にはいってみると、実はオシャレなバーみたいになっているのです!!

女性の方がお店をやっていて、女性の方でも気軽にいけるようなとても感じのいいお店でした!
(内観を撮れていなかったのが残念です。。。)

 

早速、最後の2酒造、大塚酒造とヤッホーブルーイングを注文。

「かんぱ~い!!」

 

これにてついに御酒飲シール、コンプリートです!!

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

名セリフが勢ぞろいです。

みなさんはどのセリフが好きでしょうか?

 

全15種類コンプリートしたところで、今回頂いたお酒を紹介します!!

参加者全員に、それぞれ飲んでみた感想を上げてもらいました!
(酔っているせいか、いまいちなコメントばかりですが(;’∀’))


大塚酒造

千曲錦酒造

戸塚酒造

古屋酒造店

武重本家酒造

大澤酒造

土屋酒造店

芙蓉酒造

伴野酒造

木内醸造

橘倉酒造

佐久の花酒造

黒澤酒造

ヤッホーブルーイング

軽井沢ブルワリー

 

大塚酒造
浅間嶽 純米吟醸
URL http://www.asamadake.co.jp/
みんなの一口コメント やや辛口。しつこくなくスッキリしていてとても飲みやすい!

 

千曲錦酒造
千曲錦 淡麗辛口
URL http://www.chikumanishiki.com/index.html
みんなの一口コメント ザ・日本酒!
お酒の味が強く辛口なので、年上の男性が好きそう。

 

戸塚酒造

※ボトルの写真、撮れていませんでした…
代わりに寒竹の非売品ボトルを表示していますm(__)m
清酒 寒竹[辛口]
URL https://www.kanchiku.com/
みんなの一口コメント 結構辛口の日本酒。のどにクッとくる。焼き魚で一杯やりたい。

 

古屋酒造店
上撰 本醸造 深山桜
URL http://www.miyamazakura.com/
みんなの一口コメント 日本酒らしい香りであり、口の中でしっかとした味

 

武重本家酒造
御園竹
URL http://www.takeshige-honke.co.jp/
みんなの一口コメント 米の芳醇な味で、後味もしっかり。

 

大澤酒造
明鏡止水 吟醸
URL http://osawa-sake.jp/
みんなの一口コメント まろやかで甘みのあるお酒。後味はさっと消えて、ほのかに甘みが残っている感じ。

 

土屋酒造店
亀の海
URL http://www.kamenoumi.sakura.ne.jp/
みんなの一口コメント 少しフルーティーでさっぱりした感じの飲みやすい日本酒。

 

芙蓉酒造
金宝芙蓉 純米吟醸 Tsukuyomi
URL http://www.fuyou.org/
みんなの一口コメント フルーティーな味わい。甘口で飲みやすい。

 

伴野酒造
澤の花 花ごころ 本醸造
URL http://www.sawanohana.com/
みんなの一口コメント 甘い!純米っぽい!…気がする。おいしい。

 

木内醸造
特選 初鶯 大吟醸
URL https://sites.google.com/view/hatuuguisu
みんなの一口コメント まろやかな口当たり。麹の甘みで飲みやすい。

 

橘倉酒造
地域限定品 辛口純米 秀峰 浅間
URL https://kitsukura.co.jp/
みんなの一口コメント 樽の香りとしっかりした辛口。のみやすいです。

 

佐久の花酒造
裏佐久乃花 辛口吟醸無ろ過直汲
URL https://www.sakunohana.jp/index.html
みんなの一口コメント 甘~い!!女性向きな味わい。

 

黒澤酒造
井筒長 特別純米酒
URL http://www.kurosawa.biz/
みんなの一口コメント 軽い口当たりでいて、お米の風味が口に広がるおいしさ。

 

ヤッホーブルーイング
よなよなエール
URL https://yohobrewing.com/
みんなの一口コメント 少しクセの効いた味だけども、ホップの香りがいい。名前の通り、よなよな、思いに浸りながらゆっくり飲みたい贅沢なビール。

 

軽井沢ブルワリー
軽井沢エール

 

URL http://brewery.co.jp/
みんなの一口コメント 非常にスッキリして軽い口当たり。
夏の暑い日に飲みたい!!

 

以上、全15種類のお酒紹介でした。

佐久地域だけでこんなに種類があるんですね・・・

長年、長野に住んでいましたが知りませんでした!!

 

さてさて・・・スペシャルグッズはどうなったかというと・・・・

じゃーん!!

無事、酒枡と地酒をGETしました!!

「わが生涯に一片の悔いなし」

最高です!!!

 

安養寺ら~めんともに無事コンプリートです!!

ルミーズには北斗の拳コーナーが出来上がりました(笑)

 

ご協力してくれた、お店の方々、社員のみなさまありがとうございました!!

 

最後に、Facebook、インスタのイイネも押していただけると嬉しいです!
https://www.instagram.com/remise_corp/

いや、

お前はもう、押している!!



             

安養寺ら~めん×北斗の拳コラボ「お前は、まだ食べていない!?」

「お前はもう死んでいる…」

 

「わが生涯に一片の悔いなし!!」

 

 

…という数々の名ゼリフでお馴染みの「北斗の拳」

原作者の「武論尊」さんはなんと長野県佐久市の出身!!

そして北斗の拳は今年で35周年!

その記念として、今年7月から佐久市内を「北斗の拳ラッピングバス」も運行しています。

参考:北斗の拳OFFICIAL WEB SITE http://www.hokuto-no-ken.jp/4255

 

そしてそして、佐久のご当地グルメといえば「安養寺ら~めん」!(唐突)

こちらも10周年を迎えています。

安養寺ら~めんとは?

信州東の玄関口、佐久市にある臨済宗「安養寺」は鎌倉時代の僧・覚心の遺志で開かれたお寺。覚心は、まだ修行時代だった頃、中国に渡ってみそ造りの技術を学び、日本に戻り各地に広めました。覚心ゆかりの安養寺は信州みそ発祥の地と言われています。そのことを知った現在の第八十七代、田嶋英俊住職は寺周辺の畑で自ら種をまき、檀家の方と共に大豆を育て始めました。そして江戸時代から続く地元の老舗みそ蔵「(資)和泉屋商店」が、その大豆と佐久平一帯でとれた米、天然の塩を使い、丹精込めて長期熟成させた味噌を造り上げました。信州みその原点である「安養寺みそ」の復活です。安養寺みそは良い意味で「田舎風味」。素朴で、本物の味を残しています。

ご当地ラーメンが誕生!

「ラーメンで元気な街づくりの一翼を担えれば…」そんな熱い思いを持った地元ラーメン店と行政や佐久商工会議所が協力。佐久の豊かな食に関する歴史文化や美味しさを広くPRし、特産物を生み出そうと安養寺みそを使った新たなるご当地ラーメン誕生へと動き出しました。試作会や会議を重ね、美味しくて飽きのこない味を求めて幾多の試行錯誤を繰り返し、ついに「安養寺ら~めん」は完成しました。そんな佐久のご当地ラーメンは進化を続け、取扱い店も増やし、『信州ラーメン界のカリスマ』塚田兼司氏をスーパーバイザーとして迎え、全国に誇る美味しいラーメンを目指しています。安養寺の田嶋住職は「もっともっと地元で愛されるものになっていってもらえたら。お寺の長い歴史のように、安養寺ら~めんもずーっと残していってもらいたい」と語ります。

引用:安養寺ら~めん 公式サイト
http://anyouji-ramen.com/?page_id=23

安養寺ら~めんは「安養寺みそ」を味噌ダレに80%使っていれば、それはもう『安養寺ら~めん』なんですね~。

こちらは佐久にある安養寺。

自然に囲まれたとっても静かで穏やかな雰囲気のお寺です。

 

確かに、周りに畑がありますね。

武田信玄が残したという六百巻の「大般若経」があり、県宝に指定されている。
また、鎌倉時代、覚心かくしん上人が中国から味噌作りを伝えたといわれ、「信州味噌発祥の地」としても名を馳せている。

引用:佐久市ホームページ 「安養寺」
https://www.city.saku.nagano.jp/kanko/townguide/temp/anyoji.html

 

 

そして!11月からなんとなんと!その2つがコラボ!!!

信州佐久 安養寺ら~めん公式サイト http://anyouji-ramen.com/?p=534

「お前は、まだ食べていない!?」

佐久市内にある対象のラーメン屋さんを巡り、安養寺ら~めんを食べスタンプを集めるというもの。

3つオリジナルステッカー

7つ北斗の拳名セリフ入り オリジナル丼

10つ北斗の拳名セリフ入り オリジナルTシャツ

がgetできるんですね~💨

これには社内の「北斗の拳」世代の方々もウッキウキ。

社員総出でコンプリートを目指します✨

 

それではスタンプラリーで巡ってきた、

佐久市内にあるラーメン屋さんをご紹介!

以下はそれぞれのマップです!


1.麺や 天鳳
2.中国料理 桃花
3.とんちき麺
4.ら~めん食事処 ひまわり
5.食材工房 光志亭
6.麺匠 文蔵
7.麺処 八峰
8.らーめん 麺三
9.食道園
10.麺心 風見鶏

1.麺や 天鳳

 

安養寺らーめん 910円
スープの味 程よく辛味の効いた、コクのある濃厚なみそ味
麺の太さ 太い・細い どちらか選べます。
麺の種類 ストレート
トッピング ・チャーシュー
・もやし
・メンマ
・コーン
・ごま
・ネギ
・海苔
・ひき肉
その他メニューで気になったもの ・天鳳ラーメン
・黒ゴマ担々麺
その他
補足
・ランチタイムは半ライス無料サービス
・女性は杏仁豆腐サービス

 

お店
お店の雰囲気 広くて落ち着いた雰囲気。

店名:麺や 天鳳
住所:長野県佐久市中込3713-10
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00(日、連休最終日は21:00まで)
定休日:水曜日
駐車場:14台
Twitter:https://twitter.com/aerozola1

2.中華料理 桃花

 

安養寺ら~めん 810円
スープの味 甘めのスープ(味噌と野菜の甘さ)麺にスープがよくしみている
麺の太さ 太い・細い どちらか選べます。
麺の種類 ストレート(細麺)・ちぢれ麺(太麺)
トッピング ・白菜
・きくらげ
・人参
・ゆで卵
・肉味噌
その他メニューで気になったもの ・鶏トマトラーメン
・中華料理のメニューが多い
その他
補足
・スープに練りごまを使っている。
(隠し味!)
そのためあっさりでコクがある。

 

お店
お店の雰囲気 テーブル・カウンター・座敷あり。中華レストランのよう。

店名:中華料理 桃花
住所:長野県佐久市岩村田1353-8
営業時間:11:00~14:30、17:30~22:00
定休日:不定休
駐車場:40台
Facebook:https://www.facebook.com/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%96%99%E7%90%86-%E6%A1%83%E8%8A%B1-1657436681140583/

3.とんちき麺

 

安養寺みそ 830円
スープの味 安養寺みその味が強め(豆味噌の風味)
ベースは豚と鶏のスープで豚骨のほうが強め
麺の太さ 太い
麺の種類 ストレート
トッピング ・キャベツ
・もやし
・メンマ
・ネギ
・海苔
・背脂チャーシュー(豚と鶏の2種類)
その他メニューで気になったもの ・きゃべラーメン(麺の代わりにキャベツ)
・あんかけラーメン
その他
補足
・キャベツサラダのセルフサービスあり。
・店内に製麺室がある。
・映画館に隣接しているだけあって映画とコラボしたメニューが出たりするらしい。

 

お店
お店の雰囲気 店内は広く、席も多い。小上がりもあり。
入り口は賑やかな装飾で楽しげな感じ。

店名:とんちき麺
住所:長野県佐久市長土呂125-1 アムアムビレッジ 1F
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜日
駐車場:あり(共用)
サイト:http://tonchikimen.jp/

4.ら~めん食事処 ひまわり

 

ひまわり特製味噌ら~めん 880円
スープの味 酒粕の甘みが味噌を引き立たせ、野菜がたっぷり。
いつまでも温かく食べられる。
麺の太さ 普通
麺の種類 ちぢれ麺
トッピング ・ゆで卵
・三つ葉
・メンマ
・きくらげ
・もやし
・人参
・ごぼう
・キャベツ
・チャーシュー
・凍み豆腐
・ごま
その他メニューで気になったもの ・直火焼きチャーシュー丼
・からあげラーメン
その他
補足
・メニューがとても豊富。おつまみなども充実しており、居酒屋としても利用できる。
・夏季は外のウッドデッキでビアガーデンを開催。(ペットもOK!)
・予約すればBBQもでき、宴会も可能、カラオケも完備!

 

お店
お店の雰囲気 テーブルと座席、カウンターとある。家庭的で温かみのある雰囲気で、店員さん達がとても気さく。

店名:ら~めん食事処 ひまわり
住所:長野県佐久市新子田1964-1
営業時間:11:30~14:30、17:00~21:30(L.O.)
定休日:月曜日
駐車場:15台
サイト:http://www17.plala.or.jp/HIMAWARI/index.html

5.食材工房 光志亭

 

安養寺ら~めん 800円

 

スープの味 まろやかで甘みの強いスープ。味噌感はそれほど強くない。
やさしい味。
麺の太さ 細い
麺の種類 ちぢれ麺
トッピング ・大きめチャーシュー
・もやし
・ネギ
・コーン
・ほうれん草
・メンマ
その他メニューで気になったもの ・佐久鯉安養寺ら~めん
・安養寺みそピザ
その他
補足
・佐久鯉のからあげがのった安養寺ら~めんがある。珍しい!
・安養寺ラーメン用の七味唐辛子をつけてくれる。
八幡屋磯五郎のもので結構辛い。
・ラーメンだけではなく、定食などのメニューも豊富。
お店の方はB’●のファン!?(ルミーズB’●ファン談)

 

お店
お店の雰囲気 カフェのような内観で広くて明るい店内。和室もあり。
ご家族で経営されているようなので、お店の方達も明るい。

店名:食材工房 光志亭
住所:長野県佐久市協和2395-1
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00(日曜日のみ21:00まで。いずれもL.O.は30分前)
定休日:月曜日
駐車場:15台
サイト:https://koshitei.web.fc2.com/

6.麺匠 文蔵

 

安養寺らぁめん 780円
スープの味 とろっとろで、濃くて、味噌強め(豚骨ベース)
麺の太さ 太い
麺の種類 ストレート
トッピング ・チャーシュー
・もやし
・ネギ
・キャベツ
・のり
その他メニューで気になったもの ・豚骨醤油ラーメン(人気ナンバーワン)
その他
補足
・油の量・味の濃さ・麺の硬さを自由に選べる。
・名刺掲示板?があった。
(ものすごい数の名刺が張り付けてある板)

 

お店
お店の雰囲気 店員さんの活気がすごい。店主漫画好き?(フィギュアなどあり)

店名:麺匠 文蔵
住所:長野県佐久市岩村田1107-3
営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00
定休日:無休
駐車場:10台
サイト:http://bunzoh.com/bunzoh/index.html

7.麺処 八峰

 

安養寺ら~めん 880円
スープの味 さっぱり目で甘味のある味噌。
あっさりしているので、トッピングの野菜の唐揚げと相性良し
麺の太さ 普通
麺の種類 ちぢれ麺
トッピング ・まいたけ/トマト/ごぼうの唐揚げ
・チャーシュー
・もやし
・キャベツ
・人参
・ネギ
その他メニューで気になったもの ・安養寺みそカツ定食
・こく胡麻タンタン麺
・からあげ(ゆうがたGETで紹介されたらしい)
・その他安養寺みそを使ったメニュー
(安養寺胡麻みそタンタン、安養寺みそ鍋麺、安養寺みそカツなど)
その他
補足
安養寺ら~めんと一緒についてきた七味は安養寺ら~めん専用らしく、普通の七味と違い入れすぎるとめちゃくちゃ辛くなるのでお気を付けて。
お好みで入れると味が変わり、味噌の甘みが引き立つ。

 

お店
お店の雰囲気 カウンター、テーブル、小上がり席とファミリーでも一人でも大丈夫そう。
店員さんも優しく、過ごしやすい雰囲気。

店名:麺処 八峰
住所:長野県佐久市野沢262-8
営業時間:11:00~15:00、
17:00~22:00(L.O.は昼、夜ともに30分前)
定休日:木曜日
駐車場:60台(共有)

8.らーめん 麺三

 

安養寺味噌ラーメン 850円
スープの味 ニンニクの効いた、少し濃いめの味噌味
麺の太さ 普通
麺の種類 ちぢれ麺
トッピング ・メンマ
・ゆで卵
・ネギ
・コーン
・そぼろ肉
その他メニューで気になったもの ・濃厚魚介つけ麺
その他
補足
・ハイボールが300円。
・大盛が無料(ただし、つけ麺の麺増量は有料)。

 

お店
お店の雰囲気 シンプルで落ち着いた雰囲気。

店名:らーめん 麺三
住所:長野県佐久市猿久保434-2
営業時間:11:00~15:00、17:30~21:00(L.O.はいずれも30分前)
定休日:月曜日
駐車場:あり
Facebook:https://www.facebook.com/%E3%82%89%E3%83%BC%E3%82%81%E3%82%93-%E9%BA%BA%E4%B8%89-160911604345364/

9.食道園

 

安養寺カルビら~めん 850円 / 安養寺納豆チゲら~めん 750円
スープの味 安養寺カルビら~めん:ビリ辛のみそスープにお肉のうま味
(安養寺納豆チゲら~めんは+キムチの酸味とうまみ)
麺の太さ 普通
麺の種類 ちぢれ麺
トッピング ・チヂミ
・メンマ
・ニラ
・カルビ肉
・そぼろ肉
(安養寺納豆チゲら~めんはチヂミ・メンマ・納豆・わかめ・キムチ・ネギ)
その他メニューで気になったもの ・食道園鍋
その他
補足
・家族連れや職場の方と一緒とかおひとり様など客層が広い感じ。
・アツアツの安養寺納豆チゲら~めんで体も心もアツアツ!
・韓国料理とも相性が良いなんて安養寺味噌のポテンシャルはすごい!

 

お店
お店の雰囲気 ノスタルジー、昔ながらの焼肉屋さんという感じ。

店名:食道園
住所:長野県佐久市中込3088-1
営業時間:11:30~15:00、17:00~22:00
定休日:月曜日
駐車場:20台
サイト:http://www.b-break.com/ajidokoro/detail.cfm?id=26

10.麺心 風見鶏

 

安養寺鶏白湯 鶏寺 900円
スープの味 濃厚で麺によく絡むスープ。魚介のうま味と味噌がマッチしている
麺の太さ 太い
麺の種類 ストレート
トッピング ・チャーシュー
・ゆで卵
・ネギ
・糸唐辛子
その他メニューで気になったもの ・濃厚鶏白湯
・究極の卵飯
その他
補足
・食券形式。
・浅めのお皿に、スープの上に麺が盛り付けられている。
スープを絡めて食べるという、新しいスタイル。
・提供されるお冷のピッチャーにオレンジが入っている!
お店
お店の雰囲気 白を基調としたシンプルな空間。テーブルとカウンターがある。

店名:麺心 風見鶏
住所:長野県佐久市岩村田北1-5-2
営業時間:11:00~15:00
平日18:00~23:00
祝日17:30~23:00
日曜17:30~21:00
※スープがなくなり次第終了。
定休日:不定休
駐車場:あり
Facebook:https://www.facebook.com/eight89nine/

 

…こうして見てみると、同じ「安養寺ら~めん」でもスープの味、麺、トッピングどれも全く違うんですね~!

それぞれのお店のこだわりを感じます。

そして佐久市のラーメン屋さん達が安養寺ら~めんにどれだけの情熱を注いでいるのか…今回の企画で分かった気がします。

 

社員協力のもと、10個スタンプが集まりました!

 

そうですね、景品getできたか知りたいですよね。

結果は…

 

テッテレ~

 

無事3つともget!

Tシャツの着用イメージはこんな感じ。(Lサイズのみ取扱)

男は背中で語るってやつですね。

 

「わが生涯に一片の悔いなし!!」

右手が勝手に秘孔を突いちゃう、そんなTシャツです。

 

 

 

 

ドヤァ

 

*

*

*

 

無事にすべてコンプリートできて良かった~

社員皆さんの頑張りのおかげですね。ありがとうございます。

 

 

 

Facebookいいね、Instagramも💗をポチっと突いちゃってください!

「あたたたたぁ!」って連打してもいいんですよ😊

ルミーズInstagramページ→https://www.instagram.com/remise_corp/

 

 

これを読んだあなた…

 

「お前はもう食べたくなっている!!」

 

 

 

 

 

※安養寺ら~めんスタンプラリーの冊子からお借りしたセリフです。覚えたての言葉使っちゃう系若者です。北斗の拳にわかですごめんなさい。



             

戸隠へ三度目の訪問!今度は「半ざるそば食べ歩き」!!(後編)

さて、後半です。
小鳥池を後にし、もう少し歩きますよ~。

9:00  小諸 出発
↓  高速道路で戸隠へ
10:30 中社到着 半ざる食べ歩き手形を入手
11:00 1軒目、2軒めのおそば屋さんへ
13:00 戸隠古道を歩く Part1(拓本集印) ← 今回はここの途中から
↓  おそばを食べたら歩きます!
14:00 3軒目、4件目のおそば屋さんへ
16:00 戸隠古道を歩く Part2(拓本集印)
↓  また歩きます!!
17:00 お土産を買って帰路へ
18:30 小諸 到着

引き続き山道をてくてく歩いていきます。
前編にもありましたが、山道は驚くほど静かです。
鳥の声も虫の声も全く聞こえません。
天気が良く、風もあまりないので木の葉の擦れる音も聞こえません。

自分たちが落ち葉を踏む足音だけが響きます。

 

秋深き 隣は何を する人ぞ

芭蕉先生も詠っていますが、秋はこんなにも静かなんですね~。

 



 

信州の 深秋の山 シーンとね

おっと、思わず俳人としての才能が開花してしまいましたよ。

 

山なみが綺麗ですね。紅葉も終わりかけていますが、まだまだ眺めるには十分です。

 

しばらく歩いていくと・・・着きました。
拓本No.17「足神さん」です。

どうしてこんなところに足の神様が祀られているんだろうと思い、集印帳の説明を読んでみると・・・

「おまんは35人力の怪力と韋駄天走りの健脚をもって知られた女族。
戦いの後、犯した罪の大きさを知り、贖罪のため戸隠山勧修院に身を寄せ、
(中略)
尼となり、亡き人々の菩提を弔った。
その後、神仏の力によって自分が真人間に立ち帰れたことを感謝しつつ、自ら首を落として自害した。
(中略)
健脚のおまんにちなみ「足神さん」と呼んだ。」
–戸隠古道 拓本集印帳より

 

>自ら首を落として自害した。
な、なんて壮絶な・・・
真人間になれたと思ったなら死ななくてもいいじゃん・・・

 

亡くなった時のおまんさんの気持ちは、私にはとても想像できませんが、こういった方々の生きた時代を経て、今の私が生きている時代があるということを忘れないようにしたいと思いました。

 

足神さんは、お祈りすると足が強くなるとの言い伝えがあるそうです。
近くの木にわらじが納められていました。

 

拓本ゲットです!!

集印帳には、このように拓本場所の説明が書いてありますので、是非皆さんも集印帳を買って、戸隠の歴史や遺構に想いをはせてみてください。

 

足神さんを後にし、中社へ戻ります。
中社近くの宿坊「久山館」の脇に、いきなり現れるのが、拓本No.12「守護不入之碑」です。

シャカシャカシャカっと色鉛筆を走らせる拓本職人えむざわ。
大分慣れてきました。

無事取れました。

 

せっかくなんで近くにあるもう一つも取っておこうと歩き出します。

道なりに5分ほど下ると、石塔が見えてきました。

こちらもシャカシャカっとやりまして・・・

No.11「納経供養塔」ゲットしました!!
これで中社を中心に歩ける範囲の拓本はokですね。

 

さて、時間は午後2時30分。結構な距離を歩いてお腹もすいてきたかな?

 

現在地の中社近くのお蕎麦屋さんでも良かったのですが、
せっかくなので戸隠在来のそば粉を使っているというお店へ行ってみました。
中社から道なりに北へ向かい、戸隠キャンプ場の中に入っていきます。

「手打ちそば 岳」さんです。

手打ちそば 岳
〒381-4101 長野県長野市戸隠3694−1
TEL:026-254-3254
営業時間:10:30~16:30
定休日:水

※こちら現在は冬季期間に入るため休業となっています。
来シーズンは4月下旬からだそうです。

 

到着したのは午後3時前でしたが、大分肌寒くなってきました。
この辺りは標高が1,200mもあり、夏場でも涼しく過ごせる場所だそうです。
それが11月ともなれば、寒くなるわけですね。

 

お店の中は、山小屋のような木の暖かさを感じる作りとなっています。
格子柄のペンダントライトから漏れる明かりも優しいですね。

早速半ざる券を渡します。天ぷらも美味しそうでしたので一緒に注文しました。

 

程なくして天ぷらが来ます。
旬の素材を使った天ぷらは本当においしそうですね。
変わりダネとして、リンゴの天ぷらがありました。

お蕎麦も到着です。
前編でいただいたお店より細い麺ですかね。

 

早速いただきま~す!!

 

まずは天ぷら。
噛むたびに「サクッ」「サクッ」ととても心地よい歯ごたえです!!
う~ん、上手い!!
どうしてこんなにサクサクに揚がるんだろうか。
特に葉物の食感は最高ですね。

 

リンゴの天ぷらも頂いてみました。
サクサク衣からしっとり甘いリンゴが出てきます。
味はアップルパイに似ていますが、よりリンゴの風味が強く感じられます。
美味しい!

 

続いてお蕎麦です。
こちらも一ボッチを一口でいきます!!

鰹節の風味が香る濃い目のつゆが、細麺に良く絡みます。
麺は冷たく締めてあり、細さのわりにコシが強く歯ごたえ十分です。
口の中をスッと通っていく、とても爽やかな風味があります。
飲んだ帰りの立ち食いソバは確かにおいしいですが、
本場戸隠で食べるざる蕎麦は、風味といい食感といい本来の蕎麦のおいしさを教えてくれます。
食べに来てよかった!!と思える味でした。

 

あ、ちなみに各お店の写真は、ほとんどからさんが撮っています。

 

真剣な顔つきで写真を撮るからさん。
話しかけるなオーラをバシバシ出してます。

スマホでも撮影するからさん。
毎回10枚以上撮ります。

からさんが食べ始めるころに食べ終わるえむざわ。

 

食べてる絵がオッサンしか無くて心苦しいです。
いや、我々も10代の頃ならもっと直視に耐えられる食べ顔だったと思うのですよ。
でもこればっかりはどうにもならないのでもう少々お付き合いください。

 

3店目スタンプゲットです!!

 

よし、次のお店に向かうぞ!

 

車で移動中、拓本出来そうなポイントが有るので寄っていきます。

 

前回撮り損ねた宝光社です。

こちらも前回来た時に通っているのですが、場所がよく分からなかったんですよね・・・

 

参道の急な石段を登り、左を見ると・・・何の迷いも無く発見。
何故見落としたのか?

 

シャカシャカします。

No.6「宝光社」ゲットです。

 

しっかり参拝もします。
(システムトラブル起きませんように・・・)

 

からさんは何をお祈りしているんでしょうか。
シカに当て逃げされませんように・・・かな?

 

ついでにもう一つ
地蔵堂です。

中は良く見えませんでしたが、お堂の中には約50体ものお地蔵さまが祀られているそうです。

 

こちらもシャカシャカ。

No.5「地蔵堂」ゲットです!!

 

拓本はこれで終了!!

 

続いてお土産を買いに向かいます。
そば饅頭で有名な「碓井製菓」さんです。

有限会社 碓井製菓
〒381-4101 長野市戸隠3400-1
TEL:026-254-2250
営業時間:8:30~17:30
定休日:無休

店内では試食もさせてくれます。
えむざわは外で待っていましたが、からさんは箱詰めしてもらっている間、3つも食べたそうですよ。

 

いや~順調ですね~。
後は最後のおそばを食べて帰るだけだね~
なーんて話しながら、指令書(旅のしおり)を見ていると・・・

 

「前回の最初に訪れた地、鏡池を目指します!
季節による違いが分かる写真が欲しいです。」

 

え、何ですと!?
・・・えーと、午前中に鏡池の看板を見たけど?
その時なんて言ってたかな・・・

 

無視しとるやん。。。

 

何てこと!!
ここへ来てマニュアルを読まない弊害が。
せっかくしおりを作ってくれたS矢くんに心の中で謝りつつ、急いで鏡池へ向かいます!!

 

時間は午後4時。
まだ陽が陰るような時間ではありませんが、ここは高山に囲まれた戸隠です。
近くにそびえる山々の稜線に沈みゆく太陽。。。
間に合うか!?

 

到着するなり、他の風景には目もくれず、前回のスポットを探して写真を撮るオッサン2人。
「この角度ですかね?」
「いや、向きはいいけどもう少し引いてない?」
「ああ!雲が来ますよ!!早く!!」

ブツブツ言いながら景色も見ずに写真だけ撮り早々に引き上げていく我々を、
他の観光客の方はどのように見ていたのでしょうか?

 

そんなわけで撮れた写真がこちらです。

 

なんか良くないですか?

【前回】(2016年6月)

【大河】

 

季節もそうですが、夕暮れ時の薄暗さも手伝って、前回よりもより大河の風景に近づいた感じがします!!
S矢くんどうだい?
これがオトナのリカバリー力(りょく)ってやつですよ。
※ちーがーうーだーろー!

 

これももう1年以上前に流行ったセリフなんですね。
なんか年々時間の進みが早くなっているように感じます。

 

そう言えば2018流行語大賞がノミネートされましたね。
今年は「(大迫)半端ないって」とか「悪質タックル」とか、良くも悪くもスポーツにまつわる流行語が多い気がします。
皆さんは何が大賞を取ると思いますか?

私はやっぱり「そだねー」ですかね。
マネして使ってたんで、カミさんにも「40にもなってキモイ!」って言われてましたよ~。
そ、そだねー(TT)

 

だいぶ脱線しましたが、気を取り直して最後のお店に向かいます。

戸隠のお蕎麦屋さんは基本的に昼間の営業のみです。
早いお店は午後3時ともなるとお店を閉めてしまいます。
狙ったお店に行きたい場合はお気を付けください。

宝光社に向かう途中の蕎麦屋さん。
人気のあるお店は蕎麦が無くなり次第終了というところも有ります。

 

さて、最後に立ち寄ったお店は「紅葉」さんです。

紅葉
〒381-4101 長野県長野市戸隠宝光社1511-5
TEL:026-254-3433
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

 

午後6時まで開いている、戸隠では貴重なお店です。
中に入ると優しいおばちゃんが笑顔で迎えてくれました。
この時間になるとかなり冷えてきます。
懐かしの魔法瓶ポットに入った玄米茶が体を温めてくれます。
自然と安どのため息が出ます。

 

いつものように半ざる券を渡します。
せっかくなのでおばちゃんおススメのおでんも注文します。

普段食べなれたコンビニやスーパーにあるおでんの素で作ったおでんとは全く違う、
と~っても優しい味のおでんです。
旅の最後に食べるには最高の味です。
はあ~癒される。

 

半ざるが来ました。いただきま~す。

紅葉さんの蕎麦は少し太めで食べごたえがあります。
特有の甘みもあり、良いお蕎麦を食べている実感があります。
しかし、つゆには少し酸味があり(梅かな?)とてもすっきりした後味です。
また、つゆの量も多めなので、沢山付けて食べたい方にはおススメです。
本日4店目のお蕎麦ですが、半ざるでは無く普通のざるそばでもぺろりといけそうな、そんな美味しさでした。

 

おっと、スタンプも忘れずにゲットです!!

スタンプが4枚たまると、「年越そば」が応募できるようになります。
応募用紙に住所と名前を書き、お店に渡します。
応募者が多いので、なかなか狭き門のようですが、我々の運を信じましょう!!

 

ただ今の時間は午後5時。
辺りも大分薄暗くなってきています。

 

外に出ると気温は3℃でした。
ですが、ざるそばを食べたにもかかわらず、そんなに寒さは感じませんでした。
美味しいお蕎麦を食べた満足感と、沢山歩いた充実感が二人の心を満たしていたのでしょう。

我々は無言のまま目を合すと、笑顔で小さくうなずき、戸隠を後にしたのでした。

 



 

さて、おじさん二人による戸隠そば祭りと拓本巡り、如何だったでしょうか。
おじさん二人はだいたい何を食べても美味しいと感じる幸せな舌の持ち主ですが、やっぱり戸隠はそば処だけあって、どのお店もこだわりを持って作っているように感じます。
もちろんどの蕎麦もみんな美味しいのですが、やはり食べ比べてみると少しずつ違うのですよ。
そば祭りは11月25日まで開催しています。
期間は残り一週間ほどですが、色々なお店の蕎麦が味わえる機会はなかなかありません。
皆さんも是非、紅葉から冬へ向かう山々を望みながら、美味しいお蕎麦に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。
自分好みの至高の一枚に出会えるかもしれませんよ。

また、来年は記念すべき50回目のそば祭りだそうです。
どんなお祭りになるのか今から楽しみですね。
今年に間に合わなかった方も、来年は是非チェックして見てください!!

 
 

<旅の記録>
歩数: 15000歩 🏃
歩行距離: 8.2㎞ 🌰
旅の費用: 16,412円 💴

 
 

後日、職場でお土産を配ります。
シンプルなこしあんのお饅頭ですが、餡子がたっぷり詰まっています。
甘すぎないため、普段おまんじゅうを食べない人にもおすすめです。
お茶やコーヒーにもよく合いますよ!!

沢山買ったので、全員に配って余った分を職場のお菓子コーナーに置いていたのですが、速攻で無くなりました!!

Facebook、インスタグラムもポチってしていただけるとありがたいです。→https://www.instagram.com/remise_corp/



             

戸隠へ三度目の訪問!今度は「半ざるそば食べ歩き」!!(前編)

突然ですが、「おそば」はお好きですか?
私はおそば大好きです。

そんな、私にFacebook企画担当のS矢くんからお達しがございました。

「戸隠で「そば祭り」というのをやっているそうなので行ってきてください」

そば祭り?
何をやるの?

「2,000円で半ざるそばの食べ歩きができるそうです。」
「半ザル4枚分、約2人前のおそば食べてきてください。」

…………

というわけで今回は戸隠へ行ってまいりました!
(ルミーズで戸隠へ行くのは3回目だそうです)

 

で、今回与えられたミッションはというと…

  1.第49回 戸隠そば祭り<半ざる食べ歩き>を堪能せよ!

  2.2016年に挑戦した「戸隠古道 拓本集印」を続行せよ!

 

予定としてはざっとこんな感じ。

9:00  小諸 出発
↓  高速道路で戸隠へ
10:30 中社到着 半ざる食べ歩き手形を入手
11:00 1軒目、2軒めのおそば屋さんへ
13:00 戸隠古道を歩く Part1(拓本集印)
↓  おそばを食べたら歩きます!
14:00 3軒目、4件目のおそば屋さんへ
16:00 戸隠古道を歩く Part2(拓本集印)
↓  また歩きます!!
17:00 お土産を買って帰路へ
18:30 小諸 到着

おそばを食べては歩き、また食べて歩く…感じです。
おそば屋さんを1日に4軒もはしごするというのは過去に経験がありません。

 

また、前回(2016年)挑戦した「戸隠古道 拓本集印」の続きも行います。

戸隠 ~いにしえの道を巡る~(前編)

地図の赤丸が付いているのが前回拓本済みの場所です。

残り15箇所ですね。

 

とりあえず、頑張ってはみますが全制覇はムリ!! (弱気)

 

ちなみに今回の旅は私、「から」と「えむざわ」のアラフォー(おっさん)コンビで参ります。

元気を出して、レッツゴー!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は上信越道に乗り、長野市内を通過しつつ戸隠へのルートを行きます。

途中、東部湯の丸SAでちょっと一服。
11月に入ったばかりですが、気温は5度を下回っていました。

 

山々の景色が秋を感じさせます。

長野市内を一気に抜けて戸隠に差し掛かります。

戸隠への道中には有名な「七曲り」というとても狭くて急な(ヘアピン?)カーブが8箇所もあったりします。

そんなにスピードが出ているわけではないのですが、道が狭いのとカーブがきついのでドリフト漫画ばりの迫力が味わえます^^;
(写真からは全然スピード感が感じられませんが)

道中はとっても紅葉が色鮮やか。

 

と、そうこうしているうちに戸隠に入りました。
こちらは戸隠神社 中社。
中社に着いたのは10:20頃でした。
今回は戸隠神社には行きませんが(ザンネン)鳥居の写真だけでも。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、まずは「半ざる食べ歩き手形(半ざる券)」を入手しなければ食べ歩きは始まりません。

といっても手形は「半ざるそば参加店」ならどこでも購入可能。
今回は中社近くのお土産屋さんでさっくり購入できました。

これが「半ざる食べ歩き手形」

 

4枚綴りのチケットがついています。

これを一枚ずつ使っていくわけですね。

無事、半ざる券をゲットしたところでさっそく1軒目のお店に向かいます!

 

 

徒歩で向かったのですが…中社からの距離はけっこうありました。
アラフォーの2人には結構キツイ!

中社付近の道中にはまだ紅葉が残っていました。

 

上り坂だからキツイ。
坂道を登っていくにしたがって木々が裸になってきました。

 

大量の落ち葉が側溝を埋め尽くしハマりそうになったり…ぜぇぜぇ言いながらも1軒目のおそばやさんに到着しました。

 

「戸隠 蕎麦処 そばの実」さんです。

戸隠 蕎麦処 そばの実
〒381-4101 長野県長野市戸隠3510-25
TEL:026-254-2102
営業時間:11:00~16:00
定休日:木曜・第2金曜

 

到着したのは開店直前の10:55頃でしたがけっこうなお客さんがお待ちです。

 

開店してから10分ほどで席に案内されました。

 

情緒ある店内

 

窓外には木々が広がります。
うっすら紅葉が残っていますね。

さっそく、入手したばかりの「半ざる券」を差し出します。

「半ざる2枚ですね」

自動的に半ざるそばの注文となりました(当たり前ですが…)

 

半ざるそばだけでは少々寂しいのでサイドメニューも。
「5種の天ぷら」も頼みました。

 

こちらがそばの実さんの「半ざるそば」

 

そばの束が3つ。
束のことを「ぼっち」と呼ぶそうです。
通常のざるは6ぼっちですが今回は半ざるなので3ぼっち。

 

そばの実さんのお蕎麦はかなり細く繊細なもの。
なのにとてもコシが強くのどごし最高。
よく締めてあるなぁ、という感じ。
つゆは甘くなく非常にオーソドックス。
でもそばと合わせて食べると豊かな風味が広がります。

一方、サイドメニューの5種の天ぷら。

 

なす、海老、舞茸、かぼちゃ、さつまいもの天ぷら。
パリパリ感がとっても良い。


いやぁ、半ざるなのでかんたんに食べ終わっちゃいますね。
食感がとっても良くてもっと食べたいところですがまだ1軒目なのでこの辺でガマン^^;

 

なお、半ざる券を渡すと「半ざる食べ歩き手形」が一枚切り取られ、代わりにスタンプを押してもらえます。

スタンプを4つ集め、応募用紙をお店に渡せば抽選で「年越しそば」が当たるそうです。
応募期間は11月25日までだそうですので興味のある方はお急ぎを!
(当選した方には12月中旬発送だそうですよ。)
何名に当たるかは…わかりませんでした。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「そばの実」さんで一杯目の半ざるそばを頂いたところで、すぐに次のお店を目指します。
我々にゆっくりのんびり食べている時間はないのです!
(本音:もうちょっとゆっくりしたい)

 

徒歩で次のお店に向かいます。
目指す先は約1km先!
運動不足の2人のおっさんに坂道が襲いかかります。
(疲れたので写真がありません)

 

奥社参道口という石柱が見えて来ました。

 

目指す2軒めのおそば屋さんはこの奥です。

 

12:00ちょっと前、2軒目のおそば屋さんに到着!
「奥社前なおすけ」さんです。

奥社前 なおすけ
〒381-4101 長野県長野市戸隠奥社3688
TEL:026-254-2551
営業時間:10:30~16:30
定休日:火曜日

 

店内からそば打ちの様子が見学できるようです。 落ち着いたBGMとゆったりとした店内が疲れたおっさん達を優しく包み込んでくれます。

 

こちらのお店でも半ざる券をお渡しします。
自動的に半ざるの注文になりました。

サイドメニューはえむざわさんのたっての希望で「そばがき」を注文しました。

 

こちら半ざるそば。

この写真だとちょっと分かりづらいですが花豆(黒い大きな豆を煮たもの)がついていました。

 

つゆの色は先程のそばの実さんよりも薄い色。
鰹節の風味がけっこう強めに香ってきて食欲をそそります。

 

お蕎麦は「そばの実」さんよりもさらに歯ごたえがありました。
色は薄いですが、味が薄いということはありません。
出汁の効いたそばつゆとそばの相性は最高です。
そば自体にはコシの強さとともに若干の粘り気があったように感じました。
こちらもやはりのどごしサイコー。
すぐに食べ終わってしまいます。

 

一方のそばがき。
実は2人ともそばがきは初体験でございます。
大きさはソフトボールくらいかな?

こちらもつゆをつけて食べるのですが、そばつゆよりも醤油感が強く、さらに砂糖醤油っぽい甘めの味付け。
つゆにはざるそば同様、お好みでネギやわさび、大根おろしを入れたりして食べます。

 

ちなみに初心者な我々のためにとってもフレンドリーな店員さんが食べ方を教えてくださいました(^^)

 

で、その食感ですが…ふわふわ。
ちょっと粘り気があり、長芋がはいってる?的な食感。

 

「新食感だね」といいつつ食べているとあっという間にぺろっと平らげてしまいました。
まあ、そばがき自体はすげ~昔(普通のお蕎麦より昔)からある食べ物らしいんですけどね^^;

 

そして2つ目のスタンプをゲットしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2軒めのなおすけさんを後にするとさすがにお腹がいっぱいになってきた感じがします。

 

ここからは山道を歩き第2の目的、「拓本集印」をすることにします。
すこし歩いてお腹をすかせないと。

 

まずはここから一番近い拓本の場所、「硯石」を目指します。
硯石は「鏡池」の方面へ行き、途中の山道を行けばたどりつける模様。

 

鏡池は2年前にすでに拓本集印ずみなので無視し、ひたすら硯石を目指します。

 

ちなみに少しでもお腹を空かせるためにちょっと走ってみたりしました。

・・・が、多分、500mも走っていないと思うのですが、運動不足の二人にはとてもキツイ(><)。

 

 

この後、なんで走ったんだろう??

と多大な後悔をすることになりますがそれはともかく。
(下の写真は歩いていますが疲れて走るのをやめた後です)

 

鏡池入り口の看板から少し歩くと(けっこう歩いた気がしたが地図でみるとほんのちょっと)山道をなんとか発見。

 

ぶっちゃけ、よーく見ていないと道があるのかもわからないレベル。スゲー静かな山の中を歩きます。

 

山道は落ち葉がいっぱいで、周りの木々はすでに裸状態。
紅葉の季節だったらもっときれいだったろうな、と思いながら歩きます。

 

なお、山道の周りは笹がいっぱい。
あちらもこちらも笹だらけ。

 

20分ぐらい歩いたでしょうか。
疲れた足並みで歩いていると…

 

突然開ける林!!

そこには雄大な山々が見える景色が広がっていました。

 

 

 

 

 

青空の元、広がる山、山、山。

壮大な山の連なりが歩き疲れたおっさん達を(以下略)

と、そんな山の風景に見とれていると……

 

すぐ近くに硯石とその石柱がありました(汗)

 

山の風景に気を取られて気づかなかったよ…

 

さっそく、拓本を取り始めるえむざわさん。

 

「雄大な山々を背景に拓本をとる男之図」

よーし、本日、一つ目の拓本成功。

 

しかし、ここで休んでいるわけには行きません。
次の集印場所を目指します。

 

…といってもやっぱりひたすら笹の多い山道を進むだけなんですが。

おや?
林の向こうに池が見えるぞ?
鏡池か?

 

などと思いながら歩いていくと…おっと、これは第二の拓本目的地の「小鳥ヶ池」ではないですか!

 

意外に近いところにあるなぁ。

山道を降りていくとわりと大きめな池が現れました。
おお!

 

 

で?
この池のどこに石柱があるのかな?…と当たりを見回すと…

 

なにやら怪しい建物があるぞ…(別に怪しくはない)

近寄っていってみると…
やっぱりありましたよ、石柱が!

 

間違いありません。
ここが第二の拓本集印場所「小鳥ヶ池」です。

 

さっそく、えむざわさんが拓本職人のお仕事開始。

 

無事、2つ目の拓本集印完了!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さあ、3番目の拓本集印に向かうぞ!!

というところで <前編>はここまでです。

次回は拓本集印の続きと後半2軒のおそば屋さんめぐりです。

果たして拓本集印はすべて完了するのか?
残り2軒のおそば屋さんは回れるのか!?

 

お楽しみに!!

Facebookいいね、インスタグラムもチェックお願いします。→https://www.instagram.com/remise_corp/

 



             

秋の軽井沢でトレッキング!~紅葉とジビエの深い味わい~

「歩きやすくて滑りやすい靴と、歩きにくくて滑りにくい靴どっちのがいいですかね!?」(そい)

「・・・うん、滑りにくい靴かな!」(嫁)

「ですよね!!!」(そい)

 

と、いうことでこんにちは!

おっとりしっかりな嫁さまと、ポンコツ食いしん坊(さらにペーペー新入社員)なそいで軽井沢の紅葉+滝+αを体感してきました!

今回はポンコツ食いしん坊がお届けします。

今回の旅は(勝手に)題して、「まばゆいばかりの紅葉の中でマイナスイオンな水しぶきをあげる滝々をファインダーに収め優雅に紅葉を狩りながらネイチャーウォッチングを堪能したらジビエ料理に舌鼓を打て!~時間管理は大切に~」。(ブログタイトルと違うんか)

 

遠足のしおりはこんな感じ↓

8:40   小諸駅 出発
↓          しなの鉄道 軽井沢駅 9:05 到着
9:10 軽井沢駅 出発
↓         草軽交通バス 白糸の滝 9:33 到着
9:40 白糸の滝で紅葉を撮影🍁
↓         水しぶきを上げる滝を激写!
10:00 竜返しの滝までトレッキング👣
↓         紅葉狩りを楽しむ!
11:30 竜返しの滝で紅葉を撮影🍂
↓         マイナスイオンな滝を激写!
12:23 小瀬温泉 バス停 出発
↓    草軽交通バス 軽井沢駅 12:39 到着
13:00 軽井沢Vegibier  到着
↓         新鮮な高原野菜と最高のジビエに舌鼓
14:24 軽井沢駅 出発
↓         
しなの鉄道 小諸駅 14:48 到着 お疲れ様でした!

 

さて、滑りにくい靴を装着し出発です。

小諸駅。すばらしく快晴です。

ちょっとぷらつきながら嫁さまの到着を待ちます。

ひっそりと西洋盆祭り開催中です。

 

む!

背後から嫁さま登場です。
時間どおりです。さすがです。

嫁さまに切符を買ってもらい、いざ、オシャンティでハイソな町・軽井沢へ!!

 

むむ!

電車来てます。いそげいそげ。

ほぃじゃ乗りますか。

― ?

ドア半開き・・・

 

・・・なんと!!
ボタン式を超える扉の開閉方式があったとは・・・!!!

 

「・・・」(嫁)

 

手動開閉式扉完備のしなの鉄道で、軽井沢を目指します!🚋

車窓から見える浅間山。堂々としています。

おしゃべりに花を咲かせていたら軽井沢駅に着きました。
2017年に復活した軽井沢駅旧駅舎口から出ましょう。

多少急ぎ足でバス停に向かいます。

 

むむむ!

バスがもう来ています。いそげいそげ。

我々が乗り込んだらすぐ出発しました。🚍
あぶないあぶない。

車内放送が要所要所で見どころや歴史を教えてくれます。

草軽交通さんが昔は『草軽電鉄』で、軽井沢と草津温泉を結ぶ『四千尺高原の遊覧列車』として名を馳せていた、とか。

だから『草軽』なんですね!(←・・・)

 

さて、無知を晒している間に山深くなってきました。
軽井沢駅から揺られること20分強。

1つ目の目的地、白糸の滝に到着しました。

白糸の滝には一度も来たことのないそい。
ずっと来てみたかったので期待で心が躍ります。うひょひょ。

バス停から歩いて数分。
見えてきました!

 

どど~ん

おおー!

写真でよく見る光景が目前に広がってます。すごい。

紅葉もぎりぎり見られます。
(ところどころ葉っぱが落ちてる木もありますが・・・)

自然美があふれてます!

観光客もまばらな感じで、スッと水面に寄れました。

も涼やかに微笑んでます。

お空を見上げたり、

流れ落ちる水流を眺めたりして

白糸の滝を満喫。


(↑ポンコツそいの手ブレに注意)
(その道のプロのおかげで自分が撮影したとは思えない完成度です。)

 

そして次の目的地に向かうべく道を下り始めた時、
下から何やら撮影団体が登場。
こじんまりとしていたので、なんかの撮影してるなー、程度で素通り。

撮影隊通過後、嫁さまがサラリと一言。

「今の*の〇〇君と***の〇〇〇〇君だったね」(嫁)

 

!!!

 

え!!!!!

 

見てなかった!

あんな至近距離ですれ違ったのに!!

みてなかった!!!

ミテナカッタョ!!!!

 

┣¨┣¨┣¨≡≡≡ヘ(*`Д´)ノ┣¨┣¨┣¨(確認に走るそい)

 

 

+.(´∀`*).+゚.ラ♪(スキップで戻るそい。笑顔がはみ出してます。)

 

さて、脇道にそれましたが旅の本道に戻りましょう。

次なる目的地は竜返しの滝です!

竜が追い返されるほどの滝、楽しみですね。

 

おっ!

売店が開いてますよ。
(到着した時は開店前だった)

わさび肉まんと鹿まん、どちらも気になります。

「嫁さまー♪」(そい)
「どっちか1個ね☆」(嫁)

・・・orz

鹿肉はあとでいただく予定なので、今回はわさびにします。
緑色だし。(←?)

お腰にわさび肉まんをつけていざ入山。
(ちなみにこの時点で29分32秒予定時刻を過ぎています。)

クマが出るようです。注意していきましょう。
食欲の秋ですから。

む。
売店に熊除けが有るそうですね。
でもトーキングノンストップな嫁さまとそいには無用です。

入山してすぐお腰のものをいただきます。に出演してもらってますが一口もあげません。(けち)

この肉まん、「わさび」とありますが全然辛くありません。
ほんのりわさび風味で普通においしいです。
一般的な肉まんだとちょっと肉々しいところがありますが、
こちらはあっさりしていて、個人的には結構ヒットです。

(そしてこの後、嫁さまはわさびが苦手だという事実を知ることになる・・・嫁さまごめんなさい。)

 

遊歩道のわりには不安になる道を進みます。・・・階段・・・

 

もぐもぐしながら紅葉を楽しむ贅沢。

もぐもぐしながら転びそうになる(当然)。

沢を渡ったり。

道を直してくださっている方々にご挨拶したり、

嫁さまが何のためらいもなく絶対怪しいキノコを素手でつまんでみたり。
これあれですよ。ガスだすやばいやつ。

道路からそんなに離れていないのに普通に大自然です。

ハラリと白い羽を見つけました。
鳥さんが近いか!?(鳴き声は聞こえてます。)

ワタワタと望遠レンズに取り替えます。

「あ。いたよ。」(嫁)

 

「あ、あっちにも。」(嫁)

 

「・・・早いよ!見えないよ!」(そい)

ポンコツぶりを発揮しながらおかしなものを追いかけ始めるそい。
(見えてしまった方ごめんなさい。)

道草に精を出しています。

あっ!標識があります!

 

小瀬 2.6km

目指すバス停は「小瀬温泉」。
第二目的地の竜返しの滝は少なくとも2km先。
あと3分で竜返しの滝に着かないといけません。

時間が押しているのは明白です。

 

「紅葉がきれいですねぇ」(嫁・そい)
・・・急ぐ気配はありません。

「まっかーなほっぺたのーき~みとぼく~♪」(ヨメ★´∀`)(´∀`★ソイ)

『まっかな秋』 作詞:薩摩忠、作曲:小林秀雄

見つめあっている場合ではありません。
いそげいそげ。

(途中キノコと激写)

道路に出ました!

そしてまた遊歩道(?)に入り、さすがに焦り始めます。
ふがふがな腐葉土の上をひたすら小走りで下ります。

道・・・あってる?

焦る中標識を発見!

竜返しの滝まで5分。

35分51秒スケジュールオーバーしてます!
はしれー

でも3分くらいで着きました!!

 

おおおおお!

けっこうな迫力です!

写真ではいまいち伝わりにくいですが、速いんです!
ものすごいスピードで落ちてるんです!水が!


(↑ここでもポンコツの手ブレが・・・)

ゆっくり見たいですがそうもしていられません。
なんせ35分オーバーですから。
バス到着時刻まであと12分です。
はしれー!

 

バス停がありました!
よかった!

実はバスはもう出ちゃってましたってオチだったらどうしよう
とか内心冷やついてましたが、ちゃんと来ました。

よかったよかった。

*・・・ちなみに、我々が「遊歩道」と呼び続けていた道は 信濃路自然歩道 でした。
遊びはありませんでしたとさ。チャンチャン。

バスに揺られ軽井沢駅に戻ります。
軽井沢駅に降り立ったら山中より寒かったのはここだけの話。

 

さてみなさん、ランチですよ、ランチ!

食べることをこよなく愛すそい。
1日のハイライトの時間です。
(いや、本気トレッキングも大好きです。本当です。)

本日のお昼は、こちら!

高原野菜とジビエのお店 KARUIZAWA Vegibier(軽井沢ベジビエ)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東184-1
https://ja-jp.facebook.com/vegibier/

お洒落な店内にテンションが上がります。

ジャックが出迎えてくれました。

おされです。

メニューはどれもおいしそうで悩みますが、今回はこちらの3点に決定。
(本当はもっと食べたi)

🍎旬菜のバーニャカウダ (1,480円 税抜)
🍔べジビエバーグサンド <👑人気No.1> 1,700円 税抜)
🍛Vegibier特製 鹿肉カレー <数量限定> 1,400円 税抜)

まずは旬菜のバーニャカウダ。

素材のすばらしさ。
撮影スキル皆無なそいでも写真でおいしさを伝えられる自信があります。

まじうまです。
野菜はしっかりしていて新鮮。
姫リンゴとイチジクはさりげなくかわいい。
そしてソースですよ。ソース。
これが、すごい。うまい。
アンチョビの風味はあるけど臭くない。
あっさりしてるのにこくがあってまろやか。
くるみとか入っててさらに最高。
どうしたらこうなるの・・・?
今まで食べたバーニャカウダの中で(3回しかないなんてことは秘密)一番好きだ!!

嫁さまもソースがかなり気になったらしく、シェフに詳細を聞いてます。

次に来たのはベジエバーグサンド!<👑人気No.1>
鹿肉と猪肉のハンバーグとウマス野菜のサンドです。

これもまじうまなんですよ!(←食レポ力)
本当に!
鹿猪ハンバーグ、どちらかといえば猪が優勢な味ですが臭くありません。
(牛の方がよっぽどくs、ごほごほ)
新鮮シャキシャキレタスとたつぷりな人参ピクルスと最高に合います。

そして満を持して現れたのはVegibier特製 鹿肉カレー!<数量限定>

これ、嫁さまのだったんですが、食いしん坊が手を出さないわけがありません。
鹿肉・・・うまい!!とろっとろ!やっこい!
そして全っ然臭くない!くせもない!(←そればっかり)
カレーもデミグラスソースのような深い味わいです。ほんのり甘い。

長野県のウマスを凝縮した、大変贅沢なランチでございました。
ありがとうございました。

さて、贅沢ランチに酔いしれている間も、刻刻と迫ってくるのは予定時刻です。

一応時間を確認してみます。

 

14:24

 

迫るというよりむしろ追い越されてますね。

帰りの列車出発時刻ぴったりです。すごぉい、ぐぅぜん~

 

でも大丈夫。
遠足のしおりに、一本後の電車でも大丈夫と書いてあります。

よし。

 

Vegibierさんにしっかりとお礼とご馳走様を伝えて、
幸せに満たされたお腹をかかえて軽井沢駅に向かいます。 

売店を物色後、復刻版軽井沢駅旧駅舎口からプラットフォームに入ります。

扉を開けて電車に乗り込み、

座ったらひと安心です。
もう時間に追いかけられることはありません。

地元の風景を楽しみながら帰路につきます。

地元過ぎて見落としていた軽井沢の良いところ、再認識しました。
今度は家族を巻き込んで連れてこようかと目論んでます。

手軽に自然と触れられて、ワクワクしておいしくて焦る、最高の旅でした!

脚(特に太もも)の乳酸がどう出るかは乞うご期待。

 

おまけ。

道中と売店で物色した品々をどうぞ。

軽井沢 白樺堂 「軽井沢タルト くるみ/アーモンド」 (832円 税込)
http://www.shirakabado.com/

帽子の落とし物。

<旅の記録>
歩数: 13000歩 🏃
歩行距離: 9.2㎞ 🌰
旅の費用: 13,746円 💴

 

👍いいね!してもらえると励みになります!
(自信にもなります。)

インスタグラムもぜひお願いします!ほっぺを染めて喜びます!
https://www.instagram.com/remise_corp/