小諸~秋の味覚を堪能!

秋はやっぱり、りんご狩り・ニジマス釣り・BBQこの3点につきますよね!!★
(心の中→ニジマス年中釣れるけど・・・BBQどっちかっていうと夏にやるもんやけど・・・でも、そんなの関係ねぇ~)

リンゴにお魚・お肉まで食べれるの?・・・たまにはママにもご褒美頂戴・・・ということで、
今回は毎日2人の育児頑張ってますTさんと、1人の育児ボチボチやってますYとで、
ルミーズの近くにございます、松井農園さんに行って参りました!!

今回の旅の日程はこちら↓

09:30 小諸駅 発
↓ 車で一路松井農園へ
09:45 松井農園 着             
10:00 りんご狩り 開始
↓ りんごの試食&持ち帰り用のりんごを狩ろう🍎
10:40 りんご狩り 終了
10:45 ニジマス釣り 開始
11:15 ニジマス釣り 終了
11:30 野外BBQ 開始
↓ 釣ったニジマスも食す🐟
13:00 松井農園 出発
13:15 小諸駅 着
お疲れ様でした。

朝は、ひとまず会社に出勤しこれから向かう松井農園について調べます。
りんご狩り楽しそう♪ニジマス釣りも楽しそう♪ブドウ虫を餌に釣るんや~!!
んん?ブドウ虫???んんんんんんんnnn・・・
無理~!!虫無理~!!どうしたもんでしょう・・・あ!イクラの餌もある!!
こっちでいいやん♪
T上司「・・・・・・・・・・」(圧)
Y口さん「・・・・・・・・・・」(圧)
Y「頑張ってきま~す…」

ということで、楽しみと不安を抱えつつ松井農園まで行って参ります!!

ネットで松井農園までの道を検索すると近くにたくさん農園があった為、間違えないかビクビクしながら向かいます。(以前、Facebookの取材で場所を間違えたことが、かなりトラウマになってしまったYなのであります…)

 

あっという間に間違えることもなく松井農園に到着!!

到着して早速りんご狩りの受付に!!
受付で私たちを出迎えてくれたのは、なんとも美味しそうなりんご達🍎
なんということでしょう!この赤み!この艶!!たまりませんな~!

受付をササッと済ませ、いざ、りんご狩りへ!!!

りんごを感じながら坂を上っていきます。てくてくてくてく……

歩くこと3分👣
りんご畑に向かう道中にこんなものが!

島崎藤村「初恋」の石碑!!

石碑にはこう記されております↓

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

(詩の意味がわからなかったYは、すぐに詩の意味をググりました。)
島崎藤村の初々しい初恋心がかかれた、なんて素敵な詩なんでしょう!
こんな初恋がわたしにもあったのでしょうか…すっかり忘れました・・・😋てへ

 

石碑を通り過ぎ、まだまだ上ります。
本日私たちが、りんご狩りをさせていただくエリアは一番上のようです。
ってことは、狩る場所が日によって変わるってこと?と思われたアナタ!そうそこのアナタ!!
正解で~す☆彡時期や日によって狩る場所が違うそうです。

まだまだ歩きますよ~次はりんごのトンネルをくぐります。

りんごのトンネルを越えるとそこには・・・
なんということでしょう!赤や緑・黄色のコントラスト!そう!紅葉!!!素晴らしい!

 

そうこうしている間に、りんご畑へ到着!

今回わたし達が狩るりんごの種類はこちら↓

なんと8種類もあるではないですか~!!
松井農園ではりんごの木にテープが巻かれていて、そのテープの色で種類を判別出来るようになっています。


スタッフさんに、りんごの狩り方、オススメのリンゴを教えていただき
いざ!りんご狩り開始!!

 

まず私たちが狩りに向かったのは、オススメの黒リボン(あいかの香り)。
特徴は、果実の大きさがやや大きめで、果皮の色は黄緑色の地に縦縞状に、赤く色付いています。
果肉は蜜が多く、噛むと果汁があふれるようににじみ出てきます。甘みの後に、さっぱりとした酸味のあるりんごです。

狩り方も教えていただいた通り、お尻を持ち上げ、無理やり引っ張ることのないように取ります。(りんごのヘタの部分が付いているのと、付いていないのとでは200円くらい販売価格が違うそうです。)

 

次に、向かったのはこれまたオススメの青リボン(ぐんま名月)。

特徴は、果皮の地色は黄緑から黄色で、日光のあたる加減で部分的に赤く染まります。
果肉の色は淡黄色で、糖度が15度程になり酸味が少なくとても甘く感じる上とてもジューシーなりんご。

 

狩ったりんごは、お願いをすれば機械でシュルシュルッと剥いて下さり、

りんご畑のところどころにテーブルとイスを用意して下さっているので、そちらで召し上がることができます。

りんご畑の真ん中で食べるりんごは格別美味しかったです!

 

りんごを2種類試食した後は、会社の仲間に持ち帰る用の、りんごを狩ります。

 

▽豆知識▽りんごの美味しい見分け方は、穴が割れていて、果皮がベタベタしていないものがGOODだそう!こんな感じ↓

※果皮がベタベタしているものは、果汁が表面に出てきている証なので甘みが逃げてしまっているようです。

穴が割れているものをひたすら探し、狩ります。

狩ります。。

狩ります。。。

全8種類全部GETだぜ★

※松井農園のりんご狩りは、いくつ食べてもOK!ただし、お持ち帰り分は別途料金がかかります。

 

そして次にやって参りましたのは、松井農園内にあります釣り堀~

釣り堀は、いくつもあってどこでやってもOK★

そして・・・やってきましたよ!ブドウ虫!!
みなさん気になってましたよね?ブドウ虫ってどんなん?どんな虫?って、、、

お待たせいたしました!お見せいたしましょう!!こちらです↓

あ~~~~~~これ触るのね・・・あ~~~はい、はい、そうか~・・・頑張りましょう!!!

いざ!餌付け開始!!

こうか、いやこの角度の方がいいのか…どうしても触ることが出来ないので、触らず餌を付けようと試みますが・・・

虫嫌いな私には本当に、これでも頑張ったんですが、、泣く泣く断念。。。。

すると、初めて付けるとは思えない手さばきで、Tさんがさらっと餌を付けてくださいました!

本当に感謝。。。女神。。。いや、天使。。。ありがとうございます(涙)

店員さんに釣り方をご伝授いただき、ニジマス釣り開始!

★釣るコツ★ニジマスが群れでいるポイントに竿を投げ入れ、餌に食いついたらすぐに引き上げるんだそうです。

そうこうしているうちに、Tさんニジマス釣ったどぉ~!!すご~い☆彡

わたしも負けじと、、、、

ニジマス釣ったどぉ~!!!

その後も、釣ること30分・・・(所要時間は30分です。)

 

結果発表!!!!!!!!!!!!!!!!!
Y 2匹      <      T 3匹
勝者Tさん👑!!!!!!!パチパチパチ👏
いろんな意味で、わたくしの完敗でございます!!

 

その後、釣ったニジマスはそれぞれ1匹ずつ店員さんが捌いてくださり、
(内臓の取り方などを詳しく教えて下さいました。)

炭焼きにしてくださいます。(ほかのお客様が来られたので焼いてる姿は写真におさめる事が出来ませんでした。)

※釣った残りのニジマスは、店員さんが内蔵などの処理を済ませ冷蔵しておいて下さりました。

 

そして、いよいよお待ちかねのBBQ🍖

BBQ会場に向かう途中、こんなかわい子ちゃんたちがお出迎え♥

生まれたばかりの、あかちゃんウサギがいっぱい!
ブドウ虫で傷ついたわたしの心を一瞬で癒してくれました。

そして、BBQ会場へ!!釣り堀の上のお席にご案内していただきました。

お席にはすでに食材・食器・飲み物等々すべて用意して下さっています。

サービスで、りんごや摘みたてブロッコリーのサラダまで!!

だから私たちは後、焼くだけでよいのです😍!!


普段お家ではごはんを作ってばかりのあたし達にとっては、
ひと様が用意して下さったごはんは、非常に美味しく感じるのです!!!

そして、待ちに待ったニジマスが焼きあがった姿で登場🐟

ほどよい焼き具合&塩加減!!!
皮はペロッとめくれて食べやすく、味は淡泊で少し甘みを感じました。
自分で釣ったお魚は格段に美味しかったです!!

部署が違う私たちは、普段あまりお話が出来ない為、
ここぞとばかりに食べては喋り、食べては喋り、喋り喋り、
いつの間にかBBQタイムも終了~

 

最後に、会社の仲間達へお土産を買って帰りましょう♪
ジャムはいつでも買えるし、このお菓子なら他でも買えるし…と、
悩みに悩んだ末、こちらの松井農園産ふじりんごバターに決定↓

Hさん感想「こちらのりんごバターは、バターの風味が強くお口の中がバター畑になった。」だ、そうです。

これにてママ2人の旅は終了!!

松井農園さんでは、今回わたしたちが体験させていただいたもの以外にも、
5月上旬から6月下旬は花摘み・摘果体験、7月上旬から8月上旬はブルーべリー狩りが出来るそうです。
年中、楽しいイベントのある松井農園に是非みなさん行ってみてください!!

<今回の旅のデータ>

歩いた歩数 4,945歩
距離 3.2Km
使った金額 13,745円

イイネもポチッとお願いします🍏



             

上高地~秋の絶景~(後編)

山岳リゾート 上高地に来ております♪
お天気も良くて、絶好の散策日和です!

いよいよ、神秘の池「明神池」へ。

本日の予定はこちら。

いってきまーす
7:44 佐久平駅 発(はくたか 551号)
8:06 長野駅 着
8:25 長野駅 東口発(高速バス せせらぎ号)  
11:05 上高地 着         
11:15 河童橋
Lunch
12:30 トレッキング 開始!!   
14:00 明神池  ←今回はここから
15:30 上高地 発
18:22 長野駅 発(はくたか 572号)
18:44 佐久平駅 着
お疲れ様でした。

河童橋から歩くこと80分くらいでしょうか?!
神秘の池「明神池」に到着です。

「明神池」は穂高神社 奥宮の敷地内にあります。
(拝観料300円です。)

 

明神岳(2931m)の土砂が湧水をせき止めてできた、一之池と二之池からなる池です。
こちらが、一之池。

目の前の山が、明神岳です。
静かな池と勇壮な山。感動的な美しさです!

 

池には龍とゲキをあしらったボートがありました。
こちらは、毎年10月に行われるお船祭りに使われるそうです。

 

こちらが、二之池。

自然石、草木、苔と日本庭園のような趣です。
実は、今年新緑の時期にも一度来ていて、果てしなく透明な池と神秘的な雰囲気に
とても感動しましたが、葉が色づくこの時期は華やかでより一層素敵です。

 

お天気も良く、風もなかったので、水鏡がきれいです。
パワースポットとしても有名らしい。

 

参道脇には、山小屋があります。「嘉門次小屋」さん。
イワナの塩焼きが絶品と聞いていましたので、ちょっと寄り道したかったのですが・・・
帰りのバスの時間も決まっていましたので、また次回に。

上高地では自然保護のためマイカー規制がされています。シャトルバスでのアクセスに
なりますので、予約しているバスに乗り遅れると・・・

取り残されてしまいます!

ガイドマップの散策時間を参考に動いていましたが、この時すでに押し気味?!
少しペース上げていきましょ!

梓川にかかる長さ54mのつり橋「明神橋」を渡り、帰りは梓川左岸道を通って河童橋に
戻ります。

※散策マップ再確認!

 

梓川です。
透明度が高く、きれいなブルー、日本じゃないみたいです!

 

購入したマップに、橋を渡りきった左側がシャッターポイント!とありました。
確かに素晴らしい♪明神岳を望む雄大な景観がおさめられます。

 

途中、お猿さんにも遭遇!
実りの季節にお猿さんもしっかり貯えたかな!?上高地の冬とっても厳しそうです。

こちらからは近づかず、そっと静かに見守ろう♡

 

モンキーをさがせ!

 

少し進むとお宿があります。「朝焼けの宿 明神館」さん。
一泊できると、昼間には見れない朝焼けや、朝もやの風景、夜にはきっと満点の星空も楽しめるんでしょうね!

帰りの梓川左岸道は、行きの右岸道とはまた違う雰囲気です。

 

青苔がきれいです。

 

真っ白な砂地と、紅葉したカラマツ林が続きます。

黄金色のカラマツ林と雲ひとつない青い空のコントラストが見事でした~。

 

カラマツ林を抜けると大きなキャンプ場があります。「小梨平キャンプ場」さん。
ケビンに泊まったり、テントを張ることも出来るようです。

 

清水川にかかる「清水橋」。
川の中には水草がゆらゆらしています。透明度は抜群!

 

河童橋に戻り、ちょうど水分補給したいなと思っているところに・・・

ジャン♪

上高地のおいしい水!天然ミネラルウォーター♡ 蛇口からどうぞ~。

空のペットボトルや水筒を準備していけば、散策しながらいただけます!
帰りは、おいしい水お持ち帰りで!

 

はっ!?

気づけば、バスの発車時間まであと5分!!
余裕を持ったスケジュールのはずでしたが、ゆっくりしすぎました。

河童橋に戻ったら、おみやげ購入したり、山のカフェにも寄りたかったのですが・・・
食べるケーキも決めていたのに笑

とにかくバスターミナルまでダッシュ!
散々歩いたあとのダッシュはきつい・・・

発車ギリギリにバスに乗り込み、ふぅ~、取り残されずにすみました。

 

私たちの滞在時間はおよそ3時間、日帰りでも充分楽しめますが、あれもこれもしたいという方
には、絶対宿泊がおすすめです。

キャンプもよし♡ リゾートホテルもよし♡

上高地は、11月16日~各施設が閉まり、閉山期となるそうです。
来年は、4月中旬から。山開きの時期は、迫力のある力強い冬山が見れるそうです。

散策道は、歩きやすく整備されているので山歩きが初めての方や、Hちゃんのように山久しぶり
という方も気軽に楽しめます!

一生に一度は、上高地へ行ってみてください。
行ったことがある方は、ぜひ、季節を変えていってみてください。

 

河童橋でおみやげ購入できなかったので、帰りに寄った梓川サービスエリアで購入することに!

【信州 白樺の並木】
長野県の県木をモチーフにしたバームクーヘン。
しっとりした生地に、白くなめらかな木肌をイメージしたあま~いホワイトチョコが美味しい。
見た目もかわいくて、おみやげにぴったりです。

 

【上高地ビスコッティ】
卵の味がしっかりしているビスコッティです。
カフェタイムにコーヒーとあわせて食べたら最高でした♡


<今回の旅のデータ>
歩数:16,940歩
歩いた距離:12.41㎞
消費カロリー:479.07Kcal
使ったお金:¥29,690円

 

上高地の旅 おわり♪

「いいね!」もよろしくお願いします。



             

上高地~秋の絶景~(前編)

 

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋と色々な秋がありますが、
そう、秋といえばステキな紅葉を探しに行くトレッキングの秋なんです!笑

という事で、ルミーズで一番のスポーツウーマンSさんとスポーツは苦手なHが美しい秋の絶景を求めてトレッキングの旅に上高地へ行ってきました。

 

今回の旅の日程はこちら↓

いってきまーす
7:44 佐久平駅 発(はくたか 551号)
8:06 長野駅 着
8:25 長野駅 東口発(高速バス せせらぎ号)  
11:05 上高地 着         
11:15 河童橋
Lunch
12:30 トレッキング 開始!!   ←今回はここまで
14:00 明神池
15:30 上高地 発
18:22 長野駅 発(はくたか 572号)
18:44 佐久平駅 着
お疲れ様でした。

 

先週の月曜から二週連続で台風がやってきていた為、晴れるのかとっても心配でしたが、台風は無事通過してくれこの日は晴れ☀️
やはり、私たちの日頃の行いが良いからでしょうか笑

今回は佐久平から出発です。

佐久平からということは…そう新幹線に乗って長野駅まで移動です。
はくたかに乗って長野まであーっというまなんと22分で到着です。
普段新幹線に乗るときはこんな短距離で乗らないためとっても贅沢な気分です。いいのでしょうか。

いざ、しゅっぱーつ🚆!!

途中、雲はありますがお天気は良さそうです。

山の天気は変わりやすいっていうけど上高地は寒くないといいなーなんて思っているうちに長野へ到着です。

ホームには「はくたか」が三台もいました。なかなか同じ新幹線が三台並んでいるところは見ない光景ですよね。

さて、ここから上高地までは高速バスへ乗り換えです🚃


高速バスの「せせらぎ号」で上高地まではおよそ2時間40分の道のりです。
バスはそんなにお客さんはおらずまったーりと進みます。

途中、梓川SAで15分休憩。
まだなんと、9時半!! 早いです…。

SAの脇に休憩スペースがありそこから綺麗な北アルプスが見えました。
どんどん目的地の上高地に近づいてますね。

しかしまだ10月だというのに、アルプスはすっかり雪化粧☃
冬の足音が近づいてきていますね。

見えるアルプスはどれか確認してみます。
うーん。どの山かわからない。方角的に行くと「鹿島槍ヶ岳」でしょうか?
しっかり確認したいところですが、バスにもどらなければ!!
15分休憩短すぎる。

 

どんどんバスは進みます。高速を降りるとだんだん山に近づいてきました。紅葉はまだまだでしょうか?

山道はくねくねカーブが多いこんな道です。
車酔いしていまう方は注意ですね。

緑が鮮やかで美しい山を進みます。

ダムを発見!!

ダムの上側は紅葉し始めていていました。

さらに上のほうへ上っていくと秋の気配が強まります💛

 

沢渡が近くなると「マイカーでの方はこちらでバスかタクシーに乗り換えてください。マイカーでは上高地までいけません」というアナウンスが。。。。
マイカーで登れない??
どういうことなのか気になったので調べてみると以前はマイカーで上高地まで行けたようですが観光地として有名になるにしたがい、環境問題も共に悪化した為、昭和50年からマイカー規制がされたようです。自然に配慮した結果のマイカー規制だったんですね!!

 

トンネル入り口でこんな標識を発見!!

バスガイドさんはいませんでしたが、車内アナウンスでこの「入山トンネル」はかなり珍しいトンネルだといっていました。何が珍しいかというと、中でトンネルが分岐しているそう。

トンネルに入ってみるとほんとに分岐してる!!ちょっとびっくりです。
バスだったため実際に分岐しているところは、写真に収められられませんでした(泣)

 

そんなこんなで、あっちこっちに気を取られているうちにいよいよ目的地の上高地へ到着です⛰

上高地公式ウェブサイト

http://www.kamikochi.or.jp/

パスを降りるとこんなお馬さんがお出迎えしてくれました。(お馬さんですよね?汗)
さりげなく上高地をアピールしてます。

今回、山に来るのは十数年ぶりの私…しっかり山歩きできるのか心配な反面ワクワクドキドキ。
頑張ってスポーツウーマンのSさんへついて行くぞ🏻

山に負けない!!なんて思いつつもめっちゃ急勾配だったらどうしようと及び腰ですが、いざ山へ。

と、その前にとりあえず、マップを購入。(1冊100円)ポケッタブルサイズでとっても便利。なんともいえない大きさでかわいいですね。

ルートはこんな感じです。
行きは梓川右岸道を歩いていきます。

ふむふむ。どうやら片道75分ほどかかるようです。遠いのか…近いのか…よくわかりませんが行ってみましょう!!笑

出典:上高地散策マップ

マップを確認していると…んっ?国立公園?えッ?

上高地初心者のH・・・・・上高地は国立公園だなんて知りませんでした。皆様ご存知でしたか?しかも、「特別名勝」で「特別天然記念物」なんだそう。

なんだか凄そうなものに指定されています。一体何かというと。

特別名勝とは、日本国が文化財保護法で指定した名勝(景色の良い地)のうち、特に価値の高いものとして認められたものであり、国宝と同格として承認された地です。

特別天然記念物とは、天然記念物(日本にとって価値の高い自然物)のなかでも世界的、国家的に貴重なものとして指定されたものです。上高地は「天然保護区域」とも呼ばれ、北海道の大雪山などと並び大切に守り続けねばならない4地のひとつでもあります。

引用:上高地公式ウェブサイトより

なるほど、日本が大切にすべき自然があり、上高地の自然は守っていかないといけないということなんですね。

一つ学んだところでバスターミナルを出発して明神池を目指します。

どうやらこちらが入り口のようです。
紅葉がはじまりきれいな黄色に色づき始めてました。最初の目的は河童橋ということで河童橋目指してトレッキング開始です。

 

途中でこんなものを発見。

左側は先ほど買ったマップ。右側はマガモだより。

マガモだより一体何が書かれているのか凄く気になりますが今回はとりあえず先を急ぎます。
上高地に行かれる方はまがもだよりを是非チェックしてみてください。

上高地では、お猿さん、カモなどの野生動物がいるそうで、今回マガモだよりのマガモ見れるといいなー♪

 

さてさて、あっという間に河童橋に到着です。


10月になり、中々長野は寒くなってきており山にお客さんなんて…と思っていたのですが意外にお客さんがたくさんいてビックリです。

 

とりあえず少し時間は早いですがここ河童橋でlunch time🍴です✨
Sさんはまだまだ余力がありましたがHは、朝ごはんを5時に食べていた為すでに腹ペコ状態です。

ということで、早速ランチです!
ランチは来る前から決めていた「河童食堂」さんでいただきました。

河童食堂

五千尺ホテル別館2階
営業時間:10:00〜15:00頃
TEL:0263-95-2111

 

人気ナンバーワンは山賊定食のようですが、迷った結果私たちが選んだのはこちら!

「豚汁定食」

豚汁なんておかずになるかな?と最初は言っていたSさん。
食べてみると、しっかりとした味でおいしい!具沢山でしっかりとおかずになりました。
中には意外な具のサツマイモが入っていましたが、これも豚汁に相性バッチリでした。

「信州米豚肉うどん」

肉うどんはお肉が柔らかく、味が染みており、とっても美味しい。おつゆとうどんのバランスも抜群です。
どちらも冷えた体に暖かさが染み渡る一品でした。

お腹も良くなり準備万端です。
さて、河童橋を渡りましょう。

河童橋から見えた景色。
雪山と紅葉のコントラストが美しいです。

 

河童橋の下に流れている梓川、自然豊ということもあり水が本当に綺麗。
水が澄んでいて、水面が青いのが分かりますでしょうか?

 

橋を渡りきると河童の休憩所が!!

先ほどご飯を食べたばかりの私たちは残念ながら「河童の休憩所」には寄ることは出来ませんでしたが河童がもしかしたら休んでいるかも?!

 

ここから明神池までは、片道3.3㎞ おおよそ70分。

事前に上高地の最低気温が2℃❄️だと聞いていた私たち。どれだけ寒いんだろーと思っていましたが、この日は晴天で思っていたより暖かく絶好のトレッキング日和☀︎
空気が澄んでいてとても清々しく気持ちいい。

緑が綺麗な笹に囲まれた道を進みます。
この笹達意外に背が高く私たちの腰より上の高さがありました。

わりと人が多く、すれ違う方たちと「こんにちわー」と挨拶をしながら歩きます。
知らない人でもすれ違ったら挨拶するのが山のルールなのでしょか?でも、とっても気持ちがいいあいさつだなーと思いながら先へ進みます。

途中こんな道が出てきました。
名前をなんと呼ぶのか分かりませんが、これを見ると山に来たっ!!という感じがとてもします。

少し歩いていくと右手に岳沢湿原が見えてきました。
目の前には綺麗な景色が広がります。

やはりお水が本当に綺麗で川底まで良く見えます。
この辺のお水は飲んだらおいしいんだろうなー。自然の風景と澄んだ空気に癒されます💗

 

綺麗だなーと眺めていると、Sさんが何かに気づきました。

良く見るとお魚発見!!何のお魚でしょうか?
水がクリアなため、泳いでいるお魚をたくさん見つけることが出来ました。気持ち良さそうだなー。

またまた、Sさんが木に何か発見。
分かりますでしょうか?きのこ?コケ?一体何でしょう?

低いところに似たものを発見したのでつんつんしてみるSさん。

H「どんなかんじですか?」

Sさん「なんか…硬い。」

見た目に反して硬かったようですが、結局何かはわかりませんでした(汗)

 

ツタが絡まり綺麗な木

綺麗なコケ

自然豊かな道を進みます。

看板を発見。見てみると…明神池まであと2㎞

えっ?結構歩いてきましたよね?まだ1kmちょっとしか進んでない!そんなに進んでないのかとびっくりです。
あとから歩いてきた方たちもまだ1kmなのかといっているのが聞こえてきました。そう思っているのは私たちだけでなくって良かった。

 

梓川沿いを更に歩きます。頑張るぞー!!

 

上を見上げるとちらほらと紅葉している木を発見。

 

良く見てください。この植物は岩から生えてるんです。なんだかアーティスティックな感じですが、生命の力強さを感じました。

もみじも発見🍁秋の紅葉といえばやっぱりもみじのイメージでしょうか?
赤く色づき美しいです。

ずっとなだらかな道が続いていましたが、上り坂が登場です。
かなり歩いてきたはずだからもう直ぐ着くはず!!と思いながらも気合を入れて上ります。

 


とうとうあと1kmです!!

 

今回はここまで!!
次回いよいよ明神池の登場です。
わたしたちは一体どんな絶景を見つけることができたのでしょうか!?

イイねもポチッとお願いします!



             

小海線~ルミーズぶらり途中下車の旅 (後編)

先週に引き続き
ルミーズぶらり途中下車の旅 (後編)をお送りします。

スケジュールはこちら

8:24 三岡駅     (T村 出発)
8:37 北中込駅 (Y口さん合流)
9:55 野辺山駅 到着
「株式会社ヤツレン」
・ポッポ牛乳一気飲み  ・ソフトクリームを食べる
「野辺山SLランド」
・ミニSL
           小海駅 
・お昼                         ←今回はココから
「小海町高原美術館」
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学
           臼田駅 
「パラボラアンテナ」
・大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ
           中込駅
「ぴんころ地蔵」
たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写
           滑津駅
「大鷲」
・どすこい ごっつあんです!
           岩村田駅
「キキョーヤ」
・冷たいパン?!
           小諸駅
「亀や天ぷら店」
・あげまんじゅうといえば!
    解散(お疲れ様でした♪)

野辺山散策を終え、次なる目的地
小海駅へと向かいます。

「野辺山」駅を出発し約40分
「小海駅」に到着です。

まずは、昼食タイム。

T村が事前リサーチしていた
焼肉ハウス『千曲屋』さんへGO!

のどかな道を歩くこと約10分
佐久総合病院の小海分院のとなりにある
オレンジ色をしたお店に到着。

においに誘われ足早に店内へ。

ランチメニューは、こちら

T村は迷わず
信州牛スーパーBIGセットをチョイス
私は控えめに信州牛カルビセットを注文
(実は、野辺山での牛乳とソフトクリームでお腹が一杯。。。)

待つ事数分
待ってました!!(T村の心の声)

↑信州牛スーパーBIGセット

↑信州牛カルビセット

やわらかくて
噛み締めるとじゅわっと脂の旨みが口の中に広がって
とても美味しかったです。

食事をしながら
今後のスケジュールを考えました。
次なるターゲットは
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学(25点)

そのためには、小海高原美術館へ行かなければなりません。

ふとT村が、店員さんに尋ねました。
T村 :「お姉さん、小海高原美術館までって、どれくらいかかりますか?」
店員E:「歩いてですか?」
T村 :「...」(この時、片手には中ジョッキが)
店員E:「歩いたら2時間はかかりますよ。バスも出てますけど。」
T村: 「マジっすか...」

小海駅から小海高原美術館までは、こんな感じです。
(地図ではよくわかりませんが、ひたすら山道です。。。)

現在12時55分、バスの時刻表を確認するも
次のバスが小海駅発13時18分、その次が15時21分。
バスは無理。歩きも無理。
二人で、諦めるかタクシーで行くかを迷っていると
店員さんから、神の声が。。。

店員E:「よかったら、乗せて行きましょうか?」
T村 :「マ、マジっすか!?」
店員E:「ちょうど、そっちの方に用事があるので」
T村 :「...」(Y口と向かい合って)
店員E:「14時で仕事終わるので、14時15分頃まで待ってもらえれば。」

「女神」降臨!!

T村 :「いやいや悪いですよ。」(実は乗せてもらう気満々)
店員E:「いいんですよ、いいんですよ。田舎に来たら、田舎の人に甘えれば。」

なんていい人。まさに女神!!
(実は、私達も田舎の人ですが。。。)
後で聞いたら、県外から来た何かの取材の人だと
思ったらしいです(笑)

二人で相談した結果、お言葉に甘えて乗せてもらう事に。
食事を終え、小海駅でしばらく待っていると
本当に来てくれました。
(実は連絡先を渡し忘れ、少し不安でした。。。)

小海高原美術館までの車中、話を聞いてみると
Eさんは、新海誠監督とは顔見知りだそうです。
最近、(小海に)帰って来ないと嘆いていました。
有名になり、お忙しいんですかね。

そんなこんなで、小海高原美術館に到着。

出会った記念に、写真をパシャリ!!(T村のニヤケ顔が。。。)

Y口、離れ過ぎ!!(一応、嫁に気遣いました。。。)

Eさん、本当にありがとうございました。
また、焼肉食べに行きます!!

なんとか辿りついた、小海高原美術館。
かなり登って来たので、見晴らしは最高でした。

いざ、新海誠展へ!!

バッチリ撮影しようと思ったら
館内は写真撮影禁止だったので、公式ホームページから写真を拝借。。。

こんな感じの原画が展示されていました。

― 出典映画『君の名は。』公式サイト

― 出典映画『君の名は。』公式サイト

実は、二人とも「君の名は。」を観た事がありません。。。
どんなシーンか、よくわかりませんでした。すいません(汗)
ただ、キャッチコピーの
『まだ会ったことのない君を、探している。』
に、独身のT村は共感してました。

何はともあれ
一世風靡した「君の・・・」原画を見学(25点)をクリア
合計115点(自己採点)となりました。
100点も超え、点数は十分ですが
やる気満々の二人は、さらなるお題クリアを目指します!!
現在、15時5分。時間的にも次のお題が最後となるでしょう。
悩んだ挙句、選んだお題は

・たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写(30点)

ラストを飾るのにふさわしいスポットでしょう!!
目的駅は、中込駅です。
時刻表を確認し
松原湖駅⇒中込駅で向かう事になり
タクシーで、松原湖駅に到着。
しかし、意外に早く着いてしまい
次の電車まで、あと40分。。。

松原湖駅は、無人駅。

電車待ちは、オジサン二人だけ。

途方に暮れる、T村。

待ち時間に撮影した、松原湖駅からの写真ですが

・きれいな紅葉スポットをパシャリ(20点)は、クリア?

Y口は、こうみ森の妖精と一緒にパシャリ!

妖精って顔じゃないですね(笑)

と、待ち続ける事40分。。。

16:10発の小諸行きの小海線に乗車し中込駅へ。

16:46に中込駅 到着

日も暮れかけて来ました。急ぎましょう。

中込商店街を通り過ぎ

野沢橋を渡り

ぴんころ通りに出ました。目的地は、もうすぐです。

見えて来ました。

まずは、たいやき「新海」

店構えはレトロで、長年地元の方々に愛されているお店です。

先客は、小学生二人です(笑)

真剣にメニューを選ぶT村。「たこやき」じゃなくて「たいやき」ですよ!!
(たこやきもおいしそうでしたが。。。)

有名な羽根付きたいやき。

T村撮影のなんとも分かりづらい写真ですが
味は最高でした!!

たいやきを頬ばりながら、ぴんころ地蔵へ。

全然賑わっていません(泣)

平日の17時過ぎですから、仕方ないですかね。。。

イベント開催時は、こんな感じです。
http://pinkoro.com/

いよいよ本日最後の目的地、ぴんころ地蔵へ到着です。

おもむろにお参りするT村。

頭を撫でるT村。

お参りの仕方を、忠実に守る真面目なT村でした。

元祖ぴんころ地蔵って事は、他にもあるんですかね?

現在時刻は、17時30分。

残念ながら
時間的に今回の旅は、ここで終了です。

お疲れ様でした。

中込駅に戻る途中、駅前にこんなお店を発見しました。
T村、迷わず店内へ。(どれだけ食べるんだ。。。)

昨年8月にオープン。
看板メニューの「ももカップ」は、塩・しょうゆ各324円、スパイシー378円。
こだわりのタレに長時間漬け込み
大きめサイズで冷めても柔らかいのが特徴だそうです。

ちなみに今回の旅は
便利なフリーパスを購入して行きました。
小海線の旅には是非ご活用下さい。

そして今回の最終的な行程は、こんな感じになりました。

8:24 三岡駅     (T村 出発)
8:37 北中込駅 (Y口さん合流)
9:55 野辺山駅 到着
「株式会社ヤツレン」
・ポッポ牛乳一気飲み  ・ソフトクリームを食べる
「野辺山SLランド」
・ミニSL
「鉄道最高地点」(お題目外)
・幸せの鐘を鳴らす

11:55 野辺山駅出発
12:32  小海駅 到着
・お昼
「小海町高原美術館」
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学
15:30 松原湖駅到着
・電車待ち
16:10 松原湖駅出発
16:46  中込駅 到着
「ぴんころ地蔵」
・たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写
「さくから」(お題目外)
・ジューシーからあげをパクリ
    解散(お疲れ様でした♪)

時間の都合上、全てクリアできなくて残念でした。
お題目に関係のない所にも立ち寄ってますが
それも、ぶらり旅の醍醐味ですよね(笑)

立ち寄れなかったスポットは、以下にご紹介しますので
皆さん是非お立ち寄り下さい。

パラボラアンテナ(臼田駅)
日本最大かつ東洋最大のパラボラアンテナは、迫力満点!!
http://www.jaxa.jp/about/centers/udsc/index_j.html

大鷲(滑津駅)
「どすこい鍋」食べたかった。。。
http://www.owashi.com/

キキョウヤ(岩村田駅)
「アイスパン」は、お取り寄せ可能です。
https://www.deli-koma.com/dk/shop/?clid=1002561

亀や天ぷら店(小諸)
「揚げまんじゅう」最高です!!
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200402/20001769/?clid=1002561

翌日、提示されたお題目に対し
答え合わせを行ない
結果はこうなりました!!

お題目(点数) 自己判定 判定結果
・ガチャガチャ3駅3個ゲット(25点)
・顔はめ写真を撮ってくる(20点)
・ソフトクリームを食べる(20点)
・きれいな紅葉スポットをパシャリ(20点)
・ポッポ牛乳一気飲み(20点)
・大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ(30点)
・たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写(30点)
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学(25点)
・冷たいパン?!(25点)
・ミニSL(30点)
・どすこい ごっつあんです!(20点)
・あげまんじゅうといえば!(20点)
 合計点数 170点 65点

シビアな判定で、なんとか65点。(汗)

【NG判定理由】
・きれいな紅葉スポットをパシャリ(20点)
⇒紅葉スポットじゃないし、紅葉してないから。
・ポッポ牛乳一気飲み(20点)
⇒ポッポ牛乳じゃないから。
・大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ(30点)
⇒ふもとじゃないから。
・たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写(30点)
⇒賑わってないから。
・ミニSL(30点)
⇒ミニじゃないから。

き、厳しい~!!

 

【今回のおみや】

チョコレートデコレクッキー「白樺の恋人」with 宮水三葉(「君の名は。」ガチャガチャ)

さっくりとした生地と食感の違う2層のクッキーにチョコレートをかけた
リッチなテイストのクッキーです。

<今回の旅のデータ>

歩いた歩数 10,294歩
歩いた距離 6.6Km
使った金額 17,330円

今回の『小海線~ルミーズぶらり途中下車の旅』如何でしたでしょうか?

次回もお楽しみに!

「いいね!」もお願いします。



             

小海線~ルミーズぶらり途中下車の旅(前編)

えぶえぶ選部の新企画!!ルミーズぶらり途中下車の旅!!!

どこぞで聞いたようなタイトルですが、気にせずに進みましょう。
第1弾は、長野が誇るローカル線・JR小海線です。

■小海線
小海線(こうみせん)は、山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。「八ヶ岳高原線」の愛称が付けられている。

八ヶ岳東麓の野辺山高原から千曲川の上流に沿って佐久盆地までを走る高原鉄道である。甲斐小泉 – 海尻間は標高1000 mを超える高所を走っており、清里 – 野辺山間には標高1375 mのJR鉄道最高地点がある。また、野辺山駅は標高1345 mのJR線最高駅であるほか、甲斐小泉から松原湖までの9駅がJRの標高の高い駅ベスト9に入っている。

― 出典『小海線』

この旅にはルールがあります。 お題目が複数(今回は12個)用意され、指定された物を食べたり、撮影をしたり、手に入れるなどすることでクリアとなります。
移動手段として、自家用車はNG。
お題目を達成すると、決められた点数を加算していきます。
今回は合計点数が60点を超えたら、ぶらり旅を終了。(ぶらりを続けても可)

このお題目、かなり「あやふや」です。明確な名称はもちろん、最寄り駅のヒントもなく、
提示されたお題目の順番も、小海線の駅順なのかもわかりません。

そんな【お題目】はこちら

ドンッッ!!
・ガチャガチャ3駅3個ゲット(25点)
・顔はめ写真を撮ってくる(20点)
・ソフトクリームを食べる(20点)
・きれいな紅葉スポットをパシャリ(20点)
・ポッポ牛乳一気飲み(20点)
・大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ(30点)
・たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写(30点)
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学(25点)
・冷たいパン?!(25点)
・ミニSL(30点)
・どすこい ごっつあんです!(20点)
・あげまんじゅうといえば!(20点)

さて皆様、見当ついたお題目はいくつありますか?

今回、旅をするのは入社したての新人 40代のY口さんと、
30代(39歳) のT村です。( ̄▽ ̄)

事前に渡されたお題目を二人で調べます。その結果(予定)の行程はこちら

基本はぶらりですからね。あくまでも予定ですよ。予定。

8:24 三岡駅     (T村 出発)
8:37 北中込駅 (Y口さん合流)
9:55 野辺山駅 到着
「株式会社ヤツレン」
・ポッポ牛乳一気飲み  ・ソフトクリームを食べる
「野辺山SLランド」
・ミニSL
           小海駅 
・お昼
「小海町高原美術館」
・一世風靡した「君の・・・」原画を見学
           臼田駅 
「パラボラアンテナ」
・大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ
    中込駅
「ぴんころ地蔵」
たいやき屋が近くにある老人で賑わうスポットを激写
    滑津駅
「大鷲」
・どすこい ごっつあんです!
    岩村田駅
「キキョーヤ」
・冷たいパン?!
    小諸駅
「亀や天ぷら店」
・あげまんじゅうといえば!
    解散(お疲れ様でした♪)

野辺山駅から小諸駅に進む行程で考えてみました。
途中駅の時間記載がないのは、予定は未定だからです(笑)

ガチャガチャ3個、顔はめ写真、紅葉スポット撮影は場所を決めませんでした。
ご当地ガチャガチャとか、ありそうですしね。(笑)

これは200点越えも余裕です! アッという間です!
最終行程結果は後編にて報告します!!

 

さぁ、小海線~ルミーズぶらり途中下車の旅のはじまりです。

学生時代には、どこへ行くにも乗っていた小海線ですが、免許を取得してからというもの、
乗る機会は非常に少なくなりました。懐かしさを感じます。
この時間帯だと通学に利用している高校生達もまだ多くいます。

岩村田駅、佐久平駅を過ぎると一気に学生が減り、座ることができました。

北中込駅で、無事Y口さんと合流し、まずは野辺山に向かいます。

車窓からは秋の風景です。のどかです。

松原湖駅を過ぎてからは景色が変わり、田んぼから山になってきました。

また、電車の勾配が急になってきたようです。ディーゼル音が車内に響いていました。

さらに進みます。「佐久海ノ口駅」を過ぎると、また景色が変わり山から広大な畑になってきました。

およそ1時間30分ほど乗っていると最初の目的地「野辺山駅」につきました。

ここは日本の普通鉄道の駅としては日本一高い地点に位置するそうです。

駅の標識が新しくなっています。背景の星空は「HIGH RAIL 1375」の車体にも描かれている星のコンセプトですね。以前の旅ブログもぜひ、ご覧ください。
天空と星~観光電車の旅~(前編)
天空と星~観光電車の旅~(後編)

ブログ旅、初体験のY口さん。楽しもうという意気込みを感じます。

お題目

・顔はめ写真を撮ってくる。早速クリアです。!! 20点獲得です。

いい顔してますね!!20点じゃ足りませんね(笑)

 

さて続いての目的地(お題目)は「ヤツレン乳製品直売所」です。

野辺山周辺を巡るため、自転車をレンタルしました。

軽車両だけど、原動機は自分の足です。ご容赦を(笑)

 

数年ぶりに乗りました。久しぶりで最初フラつきましたが二人とも少し乗れば感覚を取り戻して、
颯爽と野辺山を走ります。
残念だったのは、この時期、野辺山は畑に堆肥を撒いており、かなり強い匂いがしてました。
清々しい空気は、だいぶ遠かったですね。

ヤツレンは野辺山駅から約400m。 アッという間でした。

長野県民なら一度は目にしたことがあるであろう、汽車のマークの「ポッポ牛乳」を製造、販売されている会社が運営されている直売所です。

(ポッポ牛乳の正式名称は「シュッポッポ牛乳」なんですって!!今まで知りませんでした!!)

ここで狙うお題目は2つです。

・ポッポ牛乳一気飲み(20点)

・ソフトクリームを食べる(20点)

 

美味しい牛乳をいただく前にT村より、とあるご報告をしました。

T村:「冷たい牛乳飲むとお腹痛くなっちゃうんですよね~ テヘ。」

Y口:「?! 今、言うの!!! ソフトクリームは?」

T村:「うん。苦手かなぁ~ テヘ。」

Y口:「?! ・・・わかりましたよ!! 私が両方食べます。」

ありがとう!Y口さん!

 

ご報告も終えて、牛乳を購入します!

直売所内に小さいサイズの牛乳があるかなぁと、探しましたが見当たりません。

紙パックでの500mlや1リットルが売られています。

T村:「一気飲みがお題目だし500mlにしましょうか?」

Y口:「でも、皆さん期待するのはそれではないですよね?」

T村:「欲しがりますね(笑)」

Y口さんは1リットルを購入されました。
(ポッポ牛乳ではなく、八ヶ岳高原牛乳でしたね。)

 

それでは、いっちゃいましょう!!

シチュエーションにもこだわります。直売所敷地内にあるホルスタイン牛のマスコット?前です。
牧草を丸めた束の外側にペイントして作られています。

 

腰に手を当て一気です!!

・・・・おっ!

・・・・・・・・おおっっ!!

雄姿です!!すごい勢いで飲んでいます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・おおおっっっ!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (苦笑)うん。止まりましたね。

いいですよ。いいですよ。表情が素晴らしい!

言葉なくとも伝わります。(笑)

 

それでも一休みしてから、すべて飲み切りました。 凄いです。

 

続いてはソフトクリームです!

牛乳系がダメなT村は、せめてもの思いで列に並んで購入します。

そこである物に気づいてしまいました。

 

一杯単位で牛乳が販売されていました。(笑)

黙っておきます。( ̄▽ ̄)

 

晴天の空の下、美味しそうです。

40代 新人! 口からはみ出しても気にせず、一人ソフトクリームを食べてます(笑)

 

この場所で!!と指定されました。
何を狙っているのでしょうか(笑)

 

Y口さんのおかげで、またお題を2つクリアしました。

合計が60点となりました。

 

続いて目指すは「野辺山SLランンド」です。

これはお題目にある「ミニSL(30点)」より調べました。

場所はここから1kmほど先です。ママチャリにのったオジサン2人が走ります。

道なりにユルーイ上り坂です。運動不足です。すぐ足が重くなりました。

 

それでも進むと看板が見えてきました。

 

様子がおかしいです。駐車場も見えるのですが、車が全くありません。

お子さん連れの家族とか、喜びそうな場所なのに。。

そうです。 運悪くお休みでした。残念!!

 

入口に踏切があって、お休みを表すところとかが、テーマパークですね。

どうせなら「閉園」じゃなく、「運休」の表現がよかったかも♪(笑)

 

中には入れませんでしたが、SLの写真は撮れましたよ。

お題目

・ミニSL をクリア +30点です! (合計:90点)

 

ここまで上ってきたことですし、少し寄り道をして鉄道最高地点を目指します。

ここから更に1.2kmほど進みます。

野辺山駅は「JRで日本一高い場所にある駅」で、

ここは「JRで日本一高いところにレールが通っている地点」になります。

もう一つ石碑がありました。こちらには「幸せの鐘」がついています。

「さらに幸せになりたい。」 T村はそそくさと鐘へと近寄ります。

満面の笑顔です!!単純です!!

 

さて、ぶらり旅はここだけではありません。 違う駅へと移動します。

運転本数の少ない小海線です。間に合うように駅へと戻ります。

 

野辺山駅への帰り道は、行きとは違う道を使いました。

駅まで、ほぼ下り坂となり序盤の堆肥臭もなく快適です。

 

頭の中では奥田民生さんの「イージュー★ライダー」が流れています。

きれいな景色です。

 

途中、お題目にある「パラボラアンテナ」が見えました!
(臼田駅じゃなくって、こっちだ!!)
自然の中にある大きな人工物ですが、景色に溶け込んでいるように感じます。
これが宇宙とつながっていると思うとロマンがあります。

ただ、遠い。。。遠すぎるよ。。。。
(しかし、これでお題目にある、「大きなパラボラアンテナのふもとでパシャリ」
はクリアですよね!!  ・・・ねっ!!!) +30点! (合計:120点)

 

ぶらり途中下車の旅、はじまりの駅として、とても良い場所でした。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、最低クリア点数である60点は超えていますね(笑)

でも途中下車はしていないので、まだまだ続きますよ!!

 

後編もお楽しみに!!