戸隠・飯綱高原~四輪バギー、忍者からくり屋敷体験~(前編)

こんにちは。T村です。

今回は戸隠に「四輪バギー」と「戸隠民俗館」「戸隠忍法資料館」「忍者からくり屋敷」を体験・見学してきます。

四輪バギーについて、よく知りません。ちょっと調べてみました。

50cc以下

排気量50cc以下の全地形対応車は、道路運送車両法上の原動機付自転車におけるミニカーとしての要件を満たしていれば、登録して公道走行が可能である。

道路交通法におけるミニカーの扱いでは、普通自動車免許もしくは準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許で運転でき、自動二輪免許や原付免許などでは運転できない。ヘルメットの着用と二段階右折は義務づけられておらず、法定最高速度は60km/hである。また、初心者が運転する際には初心者マークが必要となる。一方、自動車とは異なり、乗車定員は1名で、高速道路の走行はできない。

― 出典『全地形対応車 – Wikipedia

オートマ限定普通免許で乗れます。しかも公道を走れます。

 

戸隠民俗館(忍者からくり屋敷)も名前は知っていますが、お初です。

今回も面白い体験ができそうです。

予定表はこちらです。

9:00 小諸駅 出発
10:30 戸隠 到着
バギー体験←今回はここまで
「徳善院蕎麦 極意」さんでランチタイム
戸隠民俗館・戸隠忍法資料館・忍者からくり屋敷 見学・体験
同じ敷地内にある「珈琲の館」でお茶休憩
16:30 戸隠 出発
18:00 小諸駅 到着
お疲れ様でした。

お相手は初めてのブログ旅となる、Y口(真)です。

 

以前T村とブログ旅をしたY口と同じ苗字ですが新しいメンバーです。

小海線~ルミーズぶらり途中下車の旅(前編)

普段は物静かな印象のY口(真)ですが、そんな彼が楽しんでいる様子もご覧ください。

 

戸隠には高速を使って向かいます。

とても天気がよく暑くなりそうです。

長野ICを降りて、戸隠に向かいます。

渓流釣りが趣味のY口は道中、湖や小川を見かけると嬉しそうでした。

 

途中、「飯縄火祭り」のぼり旗が並んでいました。

2018年8月10日に「第51回 飯縄火まつり」が行われるようです。

第51回 飯縄火まつり

修験道の霊山『飯縄山』の「山入り」の行事を再現したもので、大座法師池を舞台に神秘的な演出と、音楽と光のファンタジーが湖面いっぱいに展開されます。特別出演の喜多郎による奉納演奏もあります。
飯綱高原の夏の夜空を彩る壮大な音と光の祭典。

― 引用『第51回 飯縄火まつり – 爽やか信州旅.net
― 引用『飯綱高原観光協会 - パンフレット

こちらも面白そうなイベントですね。

ドライブ日和です。気持ちよく走っていると最初の目的地に到着です。

お世話になったのは「株式会社RAVEN 」さんです。

レンタルバギーや自転車、宿泊などの運営をされており、飯綱高原の大自然の魅力を発信されているお店です。

こちらで四輪バギー(ATV)をお借りします。早速受付をします。

対応してくれたお兄さん(名前を聞き忘れました)が、とても親切・丁寧に楽しめる場所を提案してくれました。

バギー体験は1時間の予定でしたが、おすすめの場所は往復1時間30分ぐらいかかるとのこと。

基本は1時間コースですが、延長より最初から2時間コースにした方がお得です。予定を変更して申込みをしました。

今回選んだ、おすすめの場所は「戸隠スキー場」です。

 

まずはRAVENさんの敷地内でトレーニングです。

お世話になるバギー達。

左から信長、信玄、謙信のニックネームがついてます。

(幸村政宗はお休みのようでした。)

Y口は信玄を、T村は信長を選びました。

 

バギーの乗り方や注意点などのレクチャーを受けて早速乗ってみます!

お互い、人生初のバギー体験です。四輪バギーは頑丈な4つのタイヤとモーターがついたデカい三輪車みたいな(四輪ですけど)乗り物です。

右手部分にアクセルのボタンと前輪ブレーキレバー。左手部分は後輪ブレーキレバーです。

バギーによっては、右側ボディ下辺りにギアがついてます。前進、後退、ニュートラルの3つだけ。簡単ですね。

余裕そうですね。いい笑顔です!

 

敷地内での練習にOKがでて、近くの農道を走ります。

正直、はじめは少しこわい。でこぼこ道ではダイレクトに振動が伝わってきます。

轍にはまればハンドルがとられます。

草むらに突っ込んだらどうしよう。。横転しないかな。。事故ったらどうなる???

など頭をよぎる。

しかし慣れてくると・・・好き勝手にぶっ飛ばして駆ける、暴走(族)的な快感が(笑)

 

「特に問題が無ければ、農道からそのまま、戸隠スキー場へ向かってもいいですよ~」と言われており、そのまま向かうことにしました。

受付時にルート説明は受けていたので、行っちゃいます!

 

①マップでのルート表示

 

②実際の走行ルート

実際はマップで表示されていない林道を走るコースです。

遠回りではありますが、多くの自然を感じて走ることができます。

(林道を通る車は少ないですからね。それも安心ポイントです。)

木漏れ日がいい感じです。時速10km~15kmで暴走します!(笑)

途中でお互いのバギーを交換しました。

T村、楽しんでます!

Y口 楽しんでます!!(眩しいのでサングラスを装着!!(笑))

似合ってます! 銃とか撃ってそう。。。(〇ーミネー〇ー)

 

林道を進むと大きな建物が見えてきました。

「忍者村」です。

もしかして、次の見学場所!?と思いきや。。。

こちらは「チビッ子忍者村」でした。

後々発覚したのですが、Y口は食事が終わる時まで、

次の見学先がこの「チビッ子忍者村」と思っていたそうです。

 

さて目的の「戸隠スキー場」はもう少し先です。ここまでくるのに約50分ほど。

帰りの時間を考えると急がないと!

それと予約しているお昼の時間は12:30頃

11時からのバギー体験を2時間にしていますから終了は13時です。

そもそも予約時間には間に合いません。

「早く連絡をしなくちゃなぁ」と思いながら走っていたら。。。

「あれ?ここお昼に来るお店だ!!」

なんと、コース途中にお店がありました。(笑)

この時、12時ちょっと過ぎです。あと少しで予約時間です。お店に入ります。

私:「12:30に〇〇で予約しているものです。」

店員:「いらっしゃいませ。こちらへどうぞ。」

私:「いえ。予約の時間に間に合わないので変更をお願いできますか?」

店員:「???・・・」

店員:「わかりました!大丈夫ですよ。席を取っておきますね。」

本人達が店内に居ますからね。(笑)普通なら少し早めに着きました~って解釈ですよね。(笑)説明はこの後しましたが、快く変更を受けてくださいました。ありがとうございます!

 

「徳善院蕎麦 極意」さんは「戸隠神社中社」のすぐ傍です。

「戸隠神社中社」は有名な観光地の一つです。

また「徳善院蕎麦 極意」と共に人気のお蕎麦屋が近くにあり、多くの人が並んでいました。

そんな観光客が大勢いる中、バギーで進むのはとても目立ちます。「一緒に写真撮ってください~!!」といった声掛けがあったとか、なかったとか。

折角なので休憩がてら写真撮影をします。

中社から移動します。交通量が多い通りを抜けて「戸隠スキー場」まで、あと少しです。

綺麗に整備された直進道路があり、アクセル全開です。

ここでのレースはY口の勝利!

T村のバギーは上り坂に弱かった。。

平らな道だと時速30kmほどでました。地面が近いので、もう少し速さを感じます。

戸隠スキー場に到着しました。

いい天気です。青々とした芝生や、木々と青空などの色が綺麗です。

 

記念撮影です。

返却時に知ったのですが、この戸隠スキー場の絶景ポイントはこちらでは無いそうです。。。

やっちまいました。。 この場所も風が吹き抜けて気持ち良い場所でしたが、

更なる絶景があります!!今回は時間の都合で諦めますが、また来てみたいと思います。

 

バギーの運転はとても楽しく名残惜しいのですが、RAVENさんへと帰路にきます。

お世話になった2台。

いやー、それにしても美味しい空気の中でのバギー体験は想像以上に楽しかったですよ!また来たいぜ!

今回はここまで!戸隠・飯綱の旅はまだまだ続きます!

お楽しみに!!!

いいねもポチッとお願いします!