小諸城址懐古園~お花見散策~

今年は、各地の桜が例年にくらべて早めの開花となっており、ルミーズの地元、長野県小諸市にも早くも桜前線が到来!

そこで、「日本桜の名所100選」にも選定されている懐古園へお花見をしてきました。

 

小諸城址懐古園
〒384-0804 長野県小諸市丁311
Tel:0267-22-0296
Web:http://www.city.komoro.lg.jp/category/institution/kouen/kaikoen/

 

平日のお昼にきましたが、園内は桜を見に来た観光客の方が多く見受けられます。

 

取材をした、4月9日はまさに満開の見ごろ!

 

桜の天井の下、芝生にレジャーシートを敷いて気持ちよさそう~

 

ソメイヨシノの観測の木がありました。

こちらの観測の木で、花がついたのを確認し、懐古園の開花宣言がだされます。
今年は、4月3日に開花宣言がだされました。ちなみに昨年は、4月16日と10日以上早い開花になりましたね。

 

そして、小諸特有の品種「小諸八重紅枝垂」。

紫がかった濃い色合いが、優美で威厳を感じます。
段々と淡い色へ変化していくのが特徴なんだそう。

 

天守台の上からは園内の桜を見下ろすことができます。

 

早速のぼってみよう。急な石積みの階段を、注意してよじのぼる。。

 

石垣の上を歩いていきますが、地上まで3mはありそう?

柵がないので見下ろすと脚がすくみそうです・・・

 

さらに階段を登ると、天守台跡に到着です。

 

と上がってみたけど、天守台跡は意外と狭いご様子。

 

しかし、下を見下ろすと、、

広がる桜の絨毯。

桜の間から見える遠くの山々も綺麗・・・

園内には、約500本の桜の木が植えられているそう。

普段は見上げる桜ですが、真上から見下ろす並木も迫力があります。

 

苔むした石垣と桜のコントラストが美しい・・・

 

温かい日差しの中で、ぼんやり眺めていたくなる気持ちを抑えて、次へ

園内散策のチケットで動物園にも入れるとのことを係員お姉さんからお聞きしましたので、少し立ち寄ってみます。

 

小諸動物園は、創立大正15年4月20日県下最古の動物園。

そんな歴史のある施設だったとは。。

小さめの動物園ですが、近い距離で動物が見れている感じがします。なんとも、懐かしい雰囲気で落ち着いく・・・

なんか、動物たちも全体的にまったりした雰囲気。

ライオンのナナちゃんは、なんでかカメラを向けた途端吠えまくる。。
怖すぎるけどサービスショットってことかな?笑

 

懐古園の散策は以上です!

 

桜祭りも開催中で、土日にはイベントも!

懐古園桜まつり

平成30年4月7日(土)~4月30日(月・祝)
http://www.city.komoro.lg.jp/news-institution/2018022200184/

桜祭りの期間中は、夜間もライトアップされますので、また昼間と違った桜の姿が楽しめますね。

桜の時期に是非きてみてはいかがでしょうか?

 

最後にいいねもぽちっとお願いします!