toushin nanshin chushin hokushin kengai
北信
北信は長野市を中心に発展してきた地域です。
善光寺、戸隠神社は全国的にも信仰を集めており、古戦場・川中島、真田十万石の城下町・松代など、多くの史跡等が歴史を物語っています。
長野市より北は有数の豪雪地域であり、多くのスキー場でウインタースポーツが楽しめます。また日本で唯一村の名に「温泉」がつく野沢温泉など温泉資源に恵まれた地域でもあります。
記事を見る
東信
NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台にもなった上田・上田城をはじめ、小諸の懐古園などの歴史は、池波正太郎や島崎藤村の文学でも語り継がれています。
北に浅間山、南に八ヶ岳がそびえ、豊かな自然に囲まれた地域であり、国際避暑地である軽井沢などの高原リゾートが多く存在し、毎年多くの観光客が訪れています。
記事を見る
中信
北アルプスのふもとから中央部にかけて広がる松本周辺は、美ヶ原高原などの数多くの自然豊かな観光地で囲まれています。国宝である松本城をはじめ、美術館や博物館も多く、文化・芸術に身近な地域です。
ヒノキをはじめとする美しい森林に囲まれた木曽の山あいには、奈良井宿や旧中山道など、昔の古い町並みがそのままに保存されています。
記事を見る
南信
北に八ヶ岳連峰、天竜川をはさんで東に南アルプス、西に中央アルプス、蓼科高原、霧ヶ峰高原、駒ヶ根高原など美しい自然溢れる地域です。
諏訪大社は全国の諏訪明神の総本山であり、7年に一度行われる御柱祭は有数の大祭です。諏訪湖では3万発の花火があがり、多くの観光客で賑わいます。南信は各地特有の文化が数多く存在し、多くの文学人を輩出してきました。
記事を見る
県外編

参考:長野県商工会議所連合会「信州の産業観光ガイド」http://www.nagano-cci.or.jp/kenren/sangyokanko/area/